大容量のファイルをインターネットサービスを使って相手に届ける方法!

大容量のファイルをインターネットサービスを利用して相手へ送る方法

容量の小さいファイル(数KB~1・2MB程度)などであれば、メールに添付して相手に送ったり出来ますが、大容量のファイルとなると話は別です。
では、大容量のファイルを相手に渡す手段として考えられるのが、USBメモリーやCD-R/DVD-Rなどの記録メディアに、その大容量のファイルをコピーして渡す方法。

この場合でも実際の記録メディアを用意し、コピー作業をしてさらに相手に直接手渡しや郵送する必要があり、ちょっと面倒なところもあります。
そこで、上手く活用したいのがインターネットを利用してファイルを相手へ送れる、無料ファイル転送サービス。

10年以上前から無料ファイル転送サービスはありましたが、インターネットの通信速度なども格段に向上して、今では送れるファイルの容量が1回で1GB以上のファイルも送れるファイル転送サービスもあります。

そこで、自分が利用してみてオススメ出来る、無料で利用でき会員登録も必要無く、大容量のファイルが相手へ送れるファイル転送サービス4カ所を紹介します。

スポンサーリンク

無料・会員登録必要なし・大容量ファイル可のファイル転送サービス4選

filebank-大容量無料オンラインストレージ

大容量無料オンラインストレージ filebank

URL:https://filebank.jp/jp/

2017年11月17日にサービスを開始した無料オンラインストレージサービスのfilebank。
未登録のままでも利用でき、そのさいのストレージ保存期間は3日・7日・14日から選択が可能です。

ファイルの保存容量は、未登録の場合100GB、Google/Twitter/Facebookアカウントの認証サービスでログインした場合は、倍の200GBまで保存容量がアップし保存期間が3日・7日・14日・21日から選択が出来るようになります。

後発のファイル転送サービスですが、ファイル転送速度が他のサービスと比べて速く、サービス画面上に表示される広告の数も少ないので、かなりスッキリとした見た目です。

転送速度実測値:1GBファイル アップロード 2分30秒/ダウンロード 1分58秒

利用時間帯や使用しているプロバイダにより転送速度は大きく変わります。

サイトのデザインがレスポンシブデザインになっているため、PCからだけでは無くスマホやiPhoneなどのデバイスからも問題無くファイル転送が可能です。

他のサービスと比べて若干アップロードに時間が掛かりましたが、それ以上にダウンロードに掛かる時間が圧倒的に短かったため、今、一番オススメのファイル転送サービスです。

BitSend-無料容量無制限のファイル転送サービス

無料大容量ストレージサービスのbitsend

URL:https://bitsend.jp/

こちらは、2015年サービス開始のBitSend。
無料で利用することができ、さらに、ファイル保存容量も無制限とモンスター級のファイル転送サービスです。

BitSendのウェブサイト上でアップロードしたいファイルをドラッグ&ドロップするだけで、BitSendのサーバーに簡単にアップロードが行なえるのが特徴です。

さらにアップロードするファイルの容量も無制限(正確には1ファイルあたり100GBまでですが、それでもすごい容量です)。
アップロードしたファイルの保存期間もデフォルトでは14日間となっていますが、任意で0~14日の間で指定する事が出来ます。

さらに、ファイルにパスワード設定やダウンロード回数の指定もでき、発行されるURLは33桁の英数字ですが、短縮URLの利用する事が出来るのでダウンロードURLを相手に知らせるのに便利です。

こちらも後発のファイル転送サービスですが、ファイル転送速度が他のサービスと比べて速く、サービス画面上に表示される広告の数も少ないので、かなりスッキリとした見た目です。
ただし、ファイルダウンロード画面では、若干広告数が多いかも。

転送速度実測値:1GBファイル アップロード 1分42秒/ダウンロード 5分49秒

利用時間帯や使用しているプロバイダにより転送速度は大きく変わります。

このBitSendのウェブサイトもデザインがレスポンシブデザインになっているため、PCからだけでは無くスマホやiPhoneなどのデバイスからも問題無くファイル転送が可能。
PCからのファイル転送だと非常に使い勝手がいいので、よく利用しているファイル転送サービスです。

実際には、紹介した2つのファイル転送サービスでも十分ですが、サービス提供期間が長く実績のある2つのファイル転送サービスも紹介します。

GigaFile(ギガファイル)便-無料大容量ファイル転送オンラインストレージ

GgaFile便

URL:http://gigafile.nu/

日本でのファイル転送サービスでは、老舗のGigaFile便。
ウェブサイトにアクセスすると、広告が目立ってしまいますが、利用者数は日本一を誇ります。

自分も以前まではこのGigaFile便を利用していましたが、やはり広告が目立つのでプライベートの利用ではいいですが、ビジネスでの利用では少し使いづらいところがあります。
ただし、ファイル保存容量が無制限で1ファイルあたり100GBまでのファイルを転送する事が出来るのは、先程のBitSendと同様。

また、アップロードされたファイルの保存期間は、7日・14日・21日から選択可能です。
もちろん、アップロードしたファイルにパスワードを掛ける事も可能で安心して利用出来ます。

転送速度実測値:1GBファイル アップロード 1分51秒/ダウンロード 6分35秒

利用時間帯や使用しているプロバイダにより転送速度は大きく変わります。

正直、ウェブサイト上に広告の露出が多いので、サービスサイト画面上では煩わしさがありますが、長い期間サービス提供をしていて利用者数が多いので、ファイル転送サービスを利用する上での安心感はあります。

firestrage-容量無制限の無料オンラインストレージ

fiirestrage 無料オンラインストレージ

URL:http://firestorage.jp/

このfirestorageも結構以前からある無料で利用出来るファイル転送サービスです。
会員登録をしたら、履歴を確認出来たりとファイル管理などを行えます。
ウェブサイトにアクセスすると、簡単な操作でファイルをアップロード出来るような見た目になっています。

保存容量は無制限ですが、1ファイルあたりのアップロード容量が2GBまでとなっています。
このfirestrageの最大の特徴が、保存期間で先程までのファイル転送サービスだと最短1日や3日などでしたが、最短1時間の保存時間となっています。

どのような利用シーンが考えられるかと言うと、非常に大事なファイルを相手に渡すなど、長期間サーバーにファイルが残ってもらいたくないような場合でしょう。

ファイル保存期間は最大7日となっていますが、いつサーバー上から消去されるかわからない「特に指定しない(原則7日以上)」というのもあります。
ただし、写真をアップロードを選択した場合は、最大30日間保存が可能です。

転送速度実測値:1GBファイル アップロード 1分42秒/ダウンロード 6分11秒

利用時間帯や使用しているプロバイダにより転送速度は大きく変わります。

ファイル転送が速いので、アップロードを待っている時間があまり無い時やファイル保存期間を短期間にしたい場合などに使えるファイル転送サービスです。

ファイル転送サービスの使い方

大体どのファイル転送サービスも同じような使い方になってきます。
簡単に、説明だけします。
パソコンからの利用が一番簡単な、BitSendで使い方を説明します。

大量のファイルをアップロードするならzipファイルにまとめると簡単

ファイル転送サービスにアップロードする予定のファイルが大量にあるならば、zipファイルなどの圧縮ファイルで一つのファイルにしておくと、アップロード作業が簡単に出来ます。
zip形式の圧縮ファイルの作り方は、下記記事を参考にして下さい。

Windows10には標準でzip形式の圧縮機能をサポートしています。 この圧縮を行うことにより複数ファイルやフォルダなどを一...

ファイルのアップロード

無料大容量ストレージサービスのbitsend

BitSendのウェブサイトにアクセスしたら、アップロードしたファイルを画面上にドラッグ&ドロップするだけで、ファイルのアップロードが始まります。

BitSendのファイル転送画面

どのファイル転送サービスもファイルアップロードに掛かる目安時間として、画面上にプログレスバー(進捗状況バー)が表示されていますが、BitSendの場合にはさらにアップロード完了目安の時間と転送速度も表示されます。

アップロード完了後のダウンロードURLをメモ

BitSendでファイルアップロード完了

ファイルアップロードが完了したら、ダウンロードURLが表示されます。
このダウンロードURLをコピーして、ファイルを送りたい相手へメールなどで知らせればいいだけです。

後は、ダウンロードURLへ相手がアクセスしたら、アップロードされたファイルをファイル転送サービス上のサーバーからダウンロードする事が出来ます。

ファイルのダウンロード

BitSendのファイルダウンロード画面

ダウンロードURLにアクセスしたら、ダウンロードボタンが表示されているので後はクリックしてパソコン上に保存するだけです。
注意点は、ファイルの保存期間があるという事です。

ファイルをアップロードしたさいに設定した保存期間を過ぎると、サーバー上からアップロードファイルが消去されて、その後はダウンロードが出来ない状態になります。

まとめ

大容量のファイルを相手に送りたい場合に活用したいファイル転送サービス。
その中でも自分が使ってみてオススメしたいのは、ファイル転送速度が速い「filebank」と使い勝手の良い「BitSend」。

GBの容量のファイルと聞くとあまりイメージ出来ないかもしれませんが、動画ファイルなどは簡単にGBの容量になります。

また、画像ファイルなども大量に送ろうとしたら結構は容量になるので、そのさいはファイル転送サービスを利用したら簡単に送りたい相手へ届ける事が出来ます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする