クラウドストレージサービスとは?代表的な3つのサービスを紹介!

クラウドストレージサービスとは ネットサービス
スポンサーリンク

最近では、良くクラウドと言う言葉を耳にする事があると思います。クラウドサービス自体として真っ先に思いつくのが、Googleが提供しているGmailなどのWebメールがあります。

そして、このクラウドの後にストレージが付く”クラウドストレージ”というサービスです。ストレージという言葉が付くので、”外部記憶”などと連想できます。そんなクラウドストレージとは何か?というところから、代表的なクラウドストレージサービスを3つ紹介します。

スポンサーリンク

クラウドストレージとは?

まず、「クラウドストレージとは何か?」という点から説明していきます。

クラウドストレージは、インターネット上に画像や書類などのファイルを保存するための”記憶領域”を借りて、その個々に割り当てられた”記憶領域”にファイルをアップロードして、保存しておけるサービスです。

このクラウドストレージを利用して保存されたファイル等は、自分が使用している別端末でも使用する事が出来たり、ファイル共有設定を行っておけば、そのファイルの場所等を知っている人とファイル共有が出来ます。

ファイル共有が簡単に出来る

クラウドストレージに保存したファイルは、インターネット上にあるので、その保存場所さえ自分以外の人に伝えておけば、その保存場所を教えてある人が保存された共有ファイルに簡単にアクセスすることが出来るようになります。

もちろん、1つのファイルを複数人で共有して使用する場合などにもとても便利な機能です。

ファイルの扱いが簡単に出来る

自分のパソコンに保存している画像ファイル等は、別のパソコンやスマートフォンなどでは簡単に利用できないです。

しかし、このクラウドストレージへ自分のパソコンからアップロードし保存しておけば、インターネットを通じてそれぞれ別の端末から利用しているクラウドストレージにアクセスすることで、使用する端末に縛られずにアップロードし保存していた画像ファイル等を利用することが出来ます。

そして、このクラウドストレージへアップロードする作業自体も、パソコンとクラウドストレージが自動で同期を行ってくれて、意図的にアップロードする作業をする必要もないクラウドストレージサービスもあります。

ファイルのバックアップ先としても安心出来る

このようなクラウドストレージは、専門の業者が提供するサービスなのでクラウドストレージサーバーの保守メンテナンスもしっかりとされていることが多いです。

また、クラウドストレージを提供している会社等は、クラウドストレージ上に保存されたファイルが誤って消えてしまうと信用問題になってくるので、そのようなことの無いよう厳重に保守管理されています。

自分のパソコンだけにファイルを保存しておくだけでなく、クラウドストレージをファイルのバックアップ先として活用しておけば、大事なファイルを失うリスクを減らすことが出来ます。

これらが、クラウドストレージを利用する上で特に注目したいメリットです。大事な画像ファイル等の大容量のデータを抱えている人にとっては、かなり有り難いサービスです。

クラウドストレージとは何かを理解出来たところで、次はそのクラウドストレージサービスの中でも私が利用していて便利なサービスを紹介します。

Drop Box(ドロップボックス)

クラウドストレージサービス ドロップボックス

Dropbox(ドロップボックス)はクラウドストレージサービスの中でも老舗で、クラウドストレージを世に広めたサービスです。実際、この名前を見たり聞いたりしたことがある人も多いでしょう。

Dropboxは無料で2GBの容量を使用することが出来ます。無料で2GBの容量だと少なく感じますが、友人知人をDropboxへ招待することにより最大16GBまで無料で使用する事が出来るようになります。

Dropboxは安定したサービスと細やかな機能が揃っているクラウドストレージサービス!
クラウドストレージサービスのDropbox(ドロップボックス)を使えば、複数のパソコンやスマートフォン間でファイル共有が出来たり、間違えてファイルを上書きしてしまった場合、自動保存されているファイルの履歴から復元出来たりと非常に便利です。そんな、Dropbox(ドロップボックス)のプランの種類について紹介します。

現在人気のあるクラウドストレージの中ではサービスの提供期間が長く、安定したサービスと細やかな機能が揃っている点が魅力です。

Googleドライブ

クラウドストレージ Googleドライブ

Googleが提供するオンラインストレージGoogleドライブは、特に無料で利用可能な容量の大きさが魅力的です。Googleドライブでは、無料で15GBの容量を使用することができます。

また、利用プランの有料・無料に関わらず、1,600万画素までの写真と1080pまでの動画に関しては容量無制限(Googleフォト上)で保存することもできます。

画像・動画ファイルがこれらを超える場合には、圧縮処理されて保存されます。
通常の利用では問題無いですが、画像の質を求める方の場合は別の方法を選択した方がいいです。

この無料で15GBという大容量のストレージのおかげで、音楽や写真などメディアファイルのバックアップ用途では、他のクラウドストレージサービスと比べて一歩抜きん出た存在です。

OneDrive(ワンドライブ)

クラウドストレージサービス OneDrive

マイクロソフト社が提供しているクラウドストレージサービスがOneDrive(ワンドライブ)です。OneDriveでは、無料で5GBの容量を使用することが出来ます。

マイクロソフト社が提供しているサービスということで、Windowsパソコンとの親和性が非常に高く、 Windows10以降ではOSに統合されているため、オンラインストレージに馴染みのない人でも自然に使うことができます。

特にMicrosoft Officeといったマイクロソフト製のソフトウェアと連動して機能するようになっています。また、Office Premium / Office 365 Soloを利用すると、無料で利用出来る5GBの容量が一気に1TBの容量が無料で利用出来るようになります。

マイクロソフト
¥11,581 (2019/12/10 18:06:00時点 Amazon調べ-詳細)
インストール台数無制限(同時使用可能台数5台)

ここまでの容量を無料で使えるようになると、通常の利用方法で使用している色々な書類・画像・動画ファイル等全て保存出来るようになるのでは。

まとめ

複数の端末間でファイルを使用したり、複数人でファイルを共有利用したりと色々な使い方が出来るのがクラウドストレージ。

パソコン上に保存して、自動で同期されクラウドストレージ上にバックアップさせたりと、大事なファイル消失のリスクヘッジとしても活用出来たりします。

各クラウドストレージサービス毎に大きなメリットがあるので、それを上手く活用してクラウドストレージサービスを利用してみてはいかがでしょうか。ちなみに、自分はこの3社のクラウドストレージサービスを同時に利用しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました