Logicoolトラックボールマウス「 MX ERGO」をレビュー!本当に腕が疲れないマウスか?

パソコン周辺機器メーカーのLogicoolから発売されているトラックボールマウス。その中でも販売価格1万円程度の高級マウスの部類に入り、トラックボールマウスの中では群を抜いて高価な「MX ERGO」。

Logicoolのトラックボールマウスと言えば、「M570」が価格も安く使用ユーザーも多いのですが、2017年に「MX ERGO」が発売されました。「M570」と比べて見た目の高級感はありますが、それ以上にトラックボールマウス使いとしては使用感の方が大事です。

そこで、しばらく使ってみて本当に腕が疲れないマウスなのか、Logicoolトラックボールマウス「MX ERGO」のレビューです。

スポンサーリンク

そもそもトラックボールマウスとは?

トラックボールマウスは、正確に言えばマウス型のトラックボールです。

トラックボールの操作は、マウスのように装置そのものを持って動かすのではなく、指先や手のひら(機種によっては足にも対応)を使ってボールだけをその場で回転させることで行う。似たような性質のものではタッチパッド、ポインティング・スティックなどもある。

引用:トラックボール – Wikipedia

通常のマウスは腕や手首を動かして操作をしますが、トラックボールの場合は本体上部に付いているボールを回転させてマウスカーソルの操作をします。腕や手首を常に動かす通常のマウスと比べて、指だけを動かすだけなので腕・手首・肩などへの負担が軽減します。

この腕・手首・肩などへの負担が軽減する事から、長時間カーソル操作をした場合に通常のマウスと比べて疲労感などが軽減します。

パソコンのマウス操作を長時間していると、手首や腕が痛くなってきたり、また、肩こりが強くなってきたりしませんか。自分は、1日の中でも結構な時間...

Logicoolトラックボールマウス「MX ERGO」のレビュー

「MX ERGO」の仕様

製品名 ロジクール ワイヤレストラックボール MX ERGO
型番 MXTB1s
本体サイズ 132.5 mm x 99.8 mm x 51.4 mm
重量 259g(メタルプレートあり)/164g(メタルプレートなし)
無線方式 アドバンス2.4GHzテクノロジー(Unifying対応)
Bluetooth®low energy
総ボタン数 8
スクロールホイール 有り
チルト機能 有り
使用電池 充電式リチウムポリマー電池(500mAh)
電池寿命 最長4カ月
操作距離 最大10m
保証期間 2年

メーカーサイト Logicool MX ERGO Wireless trackball

「MX ERGO」のパッケージ

「MX ERGO」のパッケージ

Logicoolトラックボールマウス「MX ERGO」のパッケージです。

付属品

Logicoolトラックボールマウス「MX ERGO」の付属品

「MX ERGO」本体以外に、保証書やUnifying対応USBドングル、充電用Micro-USBケーブルが付属品となっています。

充電用Micro-USBケーブル

通常、Logicool製のマウスでUnifying対応USBドングルが付属してくるタイプだと、本体内にこのUSBドングルを収納する事が出来ます。

Bluetooth接続をしてUSBドングルが余ったり、Unifying対応USBドングルを使用するキーボードを使っていた場合には、このUnifying対応USBドングルを失くさないようにしないといけないところです。

別途必要になった時に失くしてしまっていたら、Unifying対応USBドングルを別途購入しようと思うと意外と高いので。

「MX ERGO」と「M570t」の本体サイズなどの比較

「MX ERGO」と「M570t」の本体サイズ比較

「MX ERGO」と「M570t」の本体サイズを比較すると、「MX ERGO」の方が若干大きくなっています。重量はメタルプレートが付いている分、「MX ERGO」の方が格段に重いですが、トラックボールマウス自体がデスク上で動かす物では無いので問題は無いです。

逆に、メタルプレートに重量があり滑り止め加工されているので、本体に手を置くさいにズレて動く事も無いです。

「MX ERGO」の特長的な機能

調節式ヒンジで本体角度を0°と20°に傾けられる

「MX ERGO」の特長的な機能

「MX ERGO」の特長的な機能として、本体角度を0°と20°の2パターンから選ぶ事が出来ます。本来手首をデスクに固定した時に、一番快適な形は親指が上を向いている形です。この親指が少しでも上方向になる事で、腕への筋緊張を和らげる事が出来ます。

MX ERGO本体裏面とメタルプレート

「MX ERGO」本体裏面にはメタルプレートが取り付けられていて、本体内蔵のマグネットで取り付けるようになっています。このメタルプレートを取り付ける位置によって、本体角度を0°と20°から選べるようになっています。

「MX ERGO」と「M570t」の本体角度比較

「MX ERGO」本体と「M570t」を比較しますが、本体角度0°の状態です。本体角度0°の状態だと違いはみられません。

「MX ERGO」と「M570t」の本体角度比較

「MX ERGO」の本体角度を20°に傾けると、大きく違いが見られます。この角度の違いがトラックボールマウスを持った腕などへの負担が違ってくる所です。

あくまで個人的な感想ですが、「この角度の部分が出来れば40°近くあったら、もっと楽になったのでは?」と思うところです。「M570t」と比べて少しでも本体に角度が付いたので、多少は腕への負担が軽くなってはいますが。

ボール横のボタン(精細モード)

「MX ERGO」の本体ボタン

「MX ERGO」のトラックボールは、「M570t」と比べると滑りがスムーズになっています。ボール自体の大きさは変わらないですが、滑らかさに若干違いが見られます。トラックボールに慣れた方なら、マウスカーソル操作も違和感無く使えます。

しかし、初めてトラックボールを触る方はまず、マウスカーソルの操作に苦労します。細かいカーソル移動でボール自体を上手く止めてたり、ゆっくり動かしたりするのが初めの頃は難しく感じます。

その時はカーソル移動の速度を落として、「徐々に慣れてきたらカーソル移動速度を少し速くする」これを繰り返していくと、通常のマウス操作と同じようにトラックボールマウスを操作出来るようになります。

ただどうしても精細なマウス操作をしたい場面が出てきます(例えば、画像編集ソフトでの細かいトリミング操作など)。そんな時は、トラックボール横のボタンを押すと、「精細モード」と言うカーソルの移動速度を一時的に落とした状態にする事が出来ます。

Logitech Optionsというアプリをインストールしておくと、このボタン部分に他の操作を割り当てる事が出来ます。

メーカーサイト Logitech Options ダウンロードページ

もちろん、このボタン以外にもスクロールホイールを押し込んだ時の動作や、スクロールホイール水平に左・右へ動かした時の動作、クリックボタン横のデフォルトでは進む・戻るボタンをクリックした時の動作を好みの動作へ変更が出来ます。

複数パソコン間でのマウスカーソル移動を実現するLogicool Flow

logicook flowで2台のPCをシームレスにカーソル移動させる事が出来る

「MX ERGO」は、Logicool Flowという機能を備えています。このLogicool Flowという機能は、2台のパソコン間でマウスカーソル移動が出来るようになる機能です。

常時2台のパソコンを使用している方だと、この機能がどれだけ便利なのか分かると思います。一々メインPCとサブPCでマウスを持ち変える必要が無く、メインPCのディスプレイ端までマウスカーソルを移動させると、サブPC側へマウスカーソルが移動します。

そして、2台のパソコン(Windows/Mac問わず)間でコピー&ペーストが出来るのが、一番便利に使えるところです。

このLogicool Flow機能が使いたいために、同じトラックボールマウスの「M570」では無く、この「MX ERGO」を使っている方もいるのでは。

「MX ERGO」の使用するデメリット

「MX ERGO」を使用する上でのデメリット

もちろん、「MX ERGO」を使用する上でのデメリットもあります。

  • 本体サイズが大きいので手が小さい方には、使いにくいかもしれません。
  • 充電式なので、充電をする必要があります。(1回の満充電で最大4ヶ月程度使用可能)「M570」の場合単三電池1個で1年以上交換不要。
  • 重量があり、サイズが大きいので持ち運びには不便。
  • 販売価格が高い。

このような事が「MX ERGO」を使用する上でのデメリットと言えます。

接続方法が、Unifying接続とBluetooth接続の2タイプ選べますが、Bluetooth接続を使用するとWindows10の場合ちょっとした問題が起きる場合があります。

ただし、これは「MX ERGO」に限らずBluetooth接続機器全般に言える問題ですが、Windows10のスリープからの復帰時にマウスが動作しない問題です。

また、しばらく使用していないとBluetooth接続が切れてしまう問題もありますが、そのさいは下記記事を参考に設定をするといいです。

Bluetooth接続のマウスを使用している時に、ふとペアリングが切れてしまったりしませんか。特にWindows10で、Blueto...

「MX ERGO」の紹介動画

Logicool MX ERGO Advanced Wireless Trackball – Japanese

簡単な「MX ERGO」の紹介動画です。

「MX ERGO」を使うと本当に腕が疲れないのか?

しばらく「MX ERGO」を使ってみましたが、「M570」と比べて確かに腕が疲れないとは言えます。本体の角度を調節出来るようになったのが理由だと思いますが、「せめて40°程の角度があるともっと良かったのに」と言うのが本音です。

同じLogicool製のエルゴノミクスマウスで縦に近い角度のマウスがありますが、この角度でトラックボールマウスになれば最高だと思います。

マウスとキーボード全体で腕への負荷を減らす

マウスだけでなく、キーボードもエルゴノミクスデザインのキーボードにすると、トータルで腕や肩・手首への負担を減らす事が出来ます。

パソコンでキーボードを長時間使用していると、手や手首、腕や肩などに疲労が溜まってきませんか? もしくは、もうすでに腱鞘炎になった!痛い!な...

ちなみに、今使っているMicrosoftのエルゴノミクスデザインのキーボードは、本当に使い勝手が良く、トラックボールマウスを一緒に使うとデスク上の使用スペースを減らす事が出来ますよ。

まとめ

Logicoolのトラックボールマウス「MX ERGO」をしばらく使ってみて、本当に腕が疲れないマウスなのかレビューしてみました。

  • 本体サイズが大きいので手が小さい方には、使いにくいかもしれません。
  • 充電式なので、充電をする必要があります。(1回の満充電で最大4ヶ月程度使用可能)「M570」の場合単三電池1個で1年以上交換不要。
  • 重量があり、サイズが大きいので持ち運びには不便。
  • 販売価格が高い。
このようなデメリットが考えられますが、これをデメリットを思えない方には使って後悔は無いトラックボールマウスです。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする