Windows10のショートカットキー一覧!覚えてしまえば地味に作業効率が上がる!

Windows10のショートカットキー一覧!覚えてしまえば地味に作業効率が上がる! Windows情報

Windows10パソコンを使っていて、マウス操作で作業をする事も多いですが、キーボードのキーを使ったショートカットキーで同様の操作が出来ます。

有名なところで言うと、Ctrlキー + CキーのコピーやCtrlキー + Vキーで貼り付け(ペースト)のコピペなど。実際には、キーボードを使ったショートカットキーが、Windows10には多数用意されています。

ショートカットキーの役割を覚えると、キーボードからいちいちマウスへ握り変える必要が無く、その分時間短縮にもなるので作業効率が上がります。

そこで、Windows10を使う上で役立つショートカットキーの解説をします。

スポンサーリンク

Windows10の作業効率が上がるショートカットキー

Ctrl(コントロール)キーを使ったWin10キーボードショートカットキー

Ctrlキーを使ったキーボードショートカットキー
便利度キー操作説明
CTRL + A全ての項目を選択
CTRL + Cファイル/フォルダ等のコピー
CTRL + P印刷画面を表示(対応アプリのみ)
CTRL + Vファイル/フォルダ等の貼り付け(ペースト)
CTRL + Wアクティプ状態のアプリを閉じる
CTRL + Xファイル/フォルダ等の切り取り(カット)
CTRL + Y操作した内容をやり直す
CTRL + Z操作した内容を元に戻す
CTRL + SHIFT + ESCタスクマネージャーを起動する
CTRL + ALT + DELETEセキュリティオプション画面の表示
CTRL + 変換IMEオプションの表示(日本語入力有効時)

Windowsキーを使ったWin10キーボードショートカットキー

Windowsキーを使ったキーボードショートカットキー
便利度 キー 操作説明
Win スタートメニューの表示/非表示
Win + A アクションセンターの表示/非表示
Win + D デスクトップ画面の表示/非表示
Win + E エクスプローラーの起動
  Win + G ゲームバーの表示/非表示
Win + I Windows設定画面の起動
Win + K ワイヤレスディスプレイとオーディオの接続表示
Win + L Windows10をロック(ロック画面に)
  Win + P ディスプレイの表示モードの切り替え
  Win + Q 検索ボックスの表示
Win + R ファイル名を指定して実行の表示
  Win + S 検索ボックスの表示
  Win + T タスクバーのアプリ切替え
Win + V クリップボードの履歴表示
Win + X クイックアクセスメニューの表示
  Win + Tab タスクビュー・タイムラインの表示/非表示
Win + 数字 タスクバー上の該当するアプリの起動

Alt(オルト)キーを使ったWin10キーボードショートカットキー

Alt(オルト)キーを使ったキーボードショートカットキー
便利度 キー 操作説明
Alt + Tab 開いているアプリやウィンドウの表示
Altキーを押したままTabキーを押すと、アプリの切り替えが出来る
Alt + F4 アクティブなアプリを終了
Alt + P ファイルのプレビューを表示
Alt + Enter ファイルのプロパティを表示

まとめ:Windows10のショートカットキーを覚えると作業効率アップ

Windows10パソコンを使っていて、マウス操作で作業をする事も多いですが、キーボードのキーを使ったショートカットキーで同様の操作が出来ます。

ショートカットキーの役割を覚えると、キーボードから一々マウスへ握り変える必要が無く、その分時間短縮にもなるので作業効率が上がります。

本来、他にもショートカットキーは用意されていますが、今回紹介したショートカットキー一覧の中で、便利度が◎の部分からショートカットキーの役割を覚えていくと、特に作業効率が上がってWindows10の操作が便利になるでしょう。

また、ついでにキーボードキーの正しい読み方を覚えておくと、人に伝える時に赤っ恥をかかずに済みますよ。

参考リンク キーボードにある「Alt」や「Ctrl」などの読み方!間違って覚えている事も多い!

更新日:2021/10/14

コメント

タイトルとURLをコピーしました