Windows10でレジストリエディタを起動してバックアップを取る方法!

レジストリエディタでレジストリをエクスポート

Windowsでは、レジストリを編集するとコントロールパネルなどでは設定変更できない項目などをカスタマイズしたり、不具合な部分を修正したりすることが出来ます。

そして、レジストリを編集するさいには必ず現在のレジストリ情報をバックアップを取ってから編集する必要があります。

そこで、Windows10でレジストリエディタの起動と現在のレジストリ情報のバックアップを取る方法です。

スポンサーリンク

レジストリのバックアップを取る

いきなりレジストリを変更したりして、もし間違ってしまった場合には最悪Windowsが起動出来ないケースがあるので、レジストリを編集する前にはきちんとレジストリのバックアップを取っておきましょう。

レジストリエディタの起動

Windows10の検索窓でregeditを記入

まずは、レジストリエディタを起動させます。

その為には、Windows10の検索窓の部分に「regedit」と入力すると「regedit コマンドの実行」がリストに表示されます

その部分をクリックすると、レジストリエディタが起動します。

Windows10のレジストリエディタ

レジストリのエクスポート

レジストリエディタでレジストリをエクスポート

レジストリエディタの「ファイル」の部分をクリックすると、インポートやエクスポートなどの項目の一覧が表示されます。

その中のエクスポートをクリックして、レジストリのエクスポートを行います。

エクスポートファイルを保存する

レジストリエディタでエクスポート

レジストリのエクスポートファイルに名前を付けて保存をしたら、レジストリのバックアップは完了です。

エクスポートファイル名には、「20151216」などの日付などにしておくと、後でこのレジストリのバックアップファイルが必要になった時に分かり易くなります

レジストリを復元する場合

エクスポートしたレジストリ情報のファイルをダブルクリックしたら、確認メッセージが表示されます。

そこで、「はい」をクリックしたら、エクスポートした状態のレジストリ情報に書き換えられます。

レジストリファイルの拡張子は、「.reg」になります。

レジストリエディターのインポートで同じように、エクスポートしたレジストリファイルを読み込んでも同じような形でレジストリ情報を書き換えます。

まとめ

Windowsのレジストリの部分には、ソフトウェアのインストール情報やハードウェアの設定情報など色々な情報が書き込まれています。

このレジストリ部分を編集する事で、Windowsの不具合を修正したり出来るようになりますが、逆に編集を間違うとWindowsが起動しないなど重大な事が起こるので特に慎重に作業をしないといけないです。

そこで、レジストリを編集する前には、レジストリエディターのエクスポートを行ってから編集するようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする