Windows10の高速スタートアップを無効にする設定方法!

Windows10の高速スタートアップを無効にする設定方法

Windows10を起動する時間を短縮させる為の機能の一つである「高速スタートアップ」

デフォルトでは、この機能がON状態になっておりパソコンの電源ONからWindowsが起動する迄の時間短縮に一役買っています。

しかし、この「高速スタートアップ」機能がON状態になっているが故のトラブルも発生しています。

具体的には、「シャットダウンが終了しない」「周辺機器を変えたら正常に起動しなくなった」等があります。

この様な症状に陥った場合にWindows10の高速スタートアップを無効にしてパソコンをシャットダウンさせると正常になる場合があります。

そこで、Windows10を高速起動させる機能の「高速スタートアップ」を無効にする設定方法です。

スポンサーリンク

Windows10の高速スタートアップとは

簡単に説明すると、「Windows10が起動する際、Windowsサービスや一部周辺機器等のドライバ読み込みを省略し、HDD等の記憶装置に保存した情報を読み込むことで高速化する機能」です。

Windows起動させる時にこの保存された情報を読み込むので、前回終了後からハードウェアに変更があるとこの読み込む情報と違う為に不具合が発生するようになる事が多いです。

そこで、ハードウェアを変更する場合(USB接続の周辺機器なども)には、Windows10の高速スタートアップを無効化させてから変更した方が不具合が発生しにくいです。

Windows10の高速スタートアップを無効化

電源オプションウィンドウを開く

Windows10の電源オプションウィンドウを開く

画面左下にあるWindowsロゴ上で、マウスを右クリックします。

そうすると、上記画像の状態になります。

その中に含まれている「電源オプション」をクリックして、電源オプションウィンドウを開きます。

電源ボタンの動作を選択する

Windows10の電源オプションの動作

電源オプションウィンドウを開いたら、上記画像にある「電源ボタンの動作を選択する」をクリックしてシステム設定ウィンドウを開きます。

システム設定内のシャットダウン設定

2016-12-09_15h15_23

システム設定ウィンドウ内の下の方に、シャットダウン設定が表示されます。

ただし、通常の場合だとグレーアウトされて「高速スタートアップを有効にする」のチェックを外せない状態です。

そこで、現在利用可能ではない設定を変更しますをクリックします。

Windows10の現在設定変更可能ではない

この時、サインインしているアカウントが管理者権限では無い場合には、設定変更確認画面が表示されます。

もちろん、管理者権限のアカウントならそのようなメッセージは表示されず、シャットダウン設定の部分が選択可能となります。

Windows10の高速スタートアップを無効にする設定

デフォルトでは、「Windows10の高速スタートアップを有効にする」にチェックが入っているので、このチェックを外して「変更を保存」ボタンをクリックしたらWindows10の高速スタートアップを無効にした状態になります。

まとめ

Windows10の起動速度を短縮する為の機能である高速スタートアップ。

ただし、ハードウェアを変更したりする場合はこの機能が逆に不具合を起こす原因にもあります。

そこで、ハードウェア(周辺機器類なども)を変更したりする場合には、今回紹介した設定方法を試してみて下さい。

もし、他にもWindows10が安定しない等があれば下記Windows10を安定させるソフトがあるので参考にしてみて下さい。

参考記事 Windows10へアップグレードし、ブルースクリーンが発生する場合に使いたいソフト!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする