Windows10でアプリのスクロールバーの幅を変更する方法!

Windows10でスクロールバーの幅を変更する方法

Windows10になったら、エクセルやワードなどのソフトウェアのスクロールバーなどの幅が細く感じ、マウスでドラッグし辛くなりました。

そこで、Windows10の設定でスクロールバーの幅を変更出来ないかと探してみましたが、コントロールパネル等の設定ではWindows7の頃の様に変更出来なくなっていました。

参考記事 ブラウザなどのスクロールバーの幅を大きくする方法!

Windows10の場合、スクロールバーの幅を大きくしたり、小さくしたりするにはレジストリを編集する事で実現出来ますが、全てのソフトウェア(アプリ)が対応する訳ではありませんでした。

ブラウザのedgeや設定ウィンドウ、Windowsストアウィンドウなどのスクロールバーの幅は、今回紹介する方法では変更出来ません。

それ以外のエクスプローラーベースのウィンドウやブラウザ(Chrome,Firefoxなど)、インストールしたソフトウェア等の場合にはこの設定が有効です。

そんな、Windows10のソフトウェアのスクロールバーの幅を変更する方法です。

スポンサーリンク

レジストリエディタを起動

まずは、レジストリエディタを起動させます。

レジストリエディタの起動方法が分からない方は、下記参考記事を参照して下さい。

特に初めてレジストリを触る方は、バックアップも忘れないようにして下さい。

参考記事 Windows10でレジストリエディタを起動してバックアップを取る方法!

スクロールバーに関するレジストリの値を変更

レジストリを編集してスクロールバーの幅を変更する

レジストリエディタを起動させたら、

[HKEY_CURRENT_USER]-[Control Panel]-[Desktop]-[WindowMetrics]と辿っていくと、上記画像のレジストリ値が表示された画面になります。

そこで、スクロールバーの幅を設定している[ScrollWidth]を編集します。

値を変更前のスクロールバー幅

Windows10でスクロールバーの幅を変更する方法

スクロールバーの幅の値はデフォルトで「-255」となっています。

そこで、この値を変更する事でスクロールバーの幅を変更出来るようになります。

値を変更後のスクロールバー幅

レジストリでスクロールバーの幅を変更

今回、スクロールバー幅を設定しているScrollWidthの値をデフォルトの「-255」から「-350」へと変更してみました。(この値は好みで変更してみて下さい。大きく < -255 < 小さく)

値を入力後、OKをクリックしてレジストリエディタを終了させてから、アカウントをサインアウト後、再度サインインしたら今回の設定が有効になります。

もちろん、Windows10自体を再起動してもいいです。

レジストリを編集jしてスクロールバーの幅を変更する

パソコンを再起動やアカウントにサインインしたら、ウィンドウのスクロールバーの幅が変更されているのが確認出来るでしょう。

レジストリの値を自分好みの幅に合うように変更してみて下さい。

スクロールバーの幅が変わらなかったウィンドウ類

レジストリを編集してもスクロールバーが変更されないウィンドウ

レジストリを編集してスクロールバーの幅が変更にならないウィンドウもあります。

ブラウザのEdgeやWindowsストア画面、設定画面等のスクロールバーの幅は変わりませんでした。

まとめ

Windows10になってスクロールバーの幅が以前のOSより小さくなっていました。

マウスのホイールを回転させてスクロールさせていましたが、タッチパネルでスクロールバーをスライドさせようと思った時不便に感じたのでレジストリを編集してスクロールバーの幅を大きくさせて使い勝手を自分好みにしてみました。

ただし、レジストリを編集してもスクロールバーが大きくならないウィンドウもあるので注意して下さい。

また、今回の設定方法はレジストリを編集するので、初めてレジストリを編集する方は特に注意して設定を行って下さい。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする