パソコン作業で目が疲れる原因は白かも!ダークモードを使用すると解決するかも!

長時間のパソコン作業をしていると、目の疲労感がかなりありませんか?
Webサイトなどは白背景がベースに黒文字が圧倒的で、Windowsのアプリケーションなども白ベースになっています。

この白背景がベースだと、どうして目が疲れるのかを考えると、どうしたらいいのかが分かってきます。

そこで、Windowsパソコン作業で目が疲れる場合にオススメしたい対処方法として、ダークモードがあります。
Windows10 October 2018 Update(1809)適用版が対象です。

スポンサーリンク

白ベースだとなぜ目が疲れやすくなるのか?

白ベースだとなぜ目が疲れるのか

服などで考えると分かりやすいですが、白い色は光を反射しやすいです。
部屋の照明などの光を反射しやすく、その刺激が目に長時間当たり続ける事によって目が疲れるようになります。

逆に、黒い色は光を反射しにくく、目に与える刺激を軽減してくれます。
もちろん、長時間のパソコン作業は目に疲労感を与えてしまいますが、黒ベースになるだけで相当、目への刺激が変わる事をすぐに実感出来るでしょう。

一昔前までは、黒い背景に白文字(緑の頃も)が当たり前でしたが、最近では本当に多彩な色に変更できるので、見た目は鮮やかで綺麗なのですが長時間のパソコン作業では目への負担が大きい事も分かります。

ブルーライトなども、もちろん問題です。

パソコンを長時間使用していると、目が疲れてきたり、痛みを伴ってきたりします。 その一つの原因として、パソコンの液晶モニターが発...

少しでも、Windows10を使用している人の目への疲労軽減になれば。
その為の簡単な設定方法です。

Windows10でダークモードを適用する

スタートメニューからWindowsの設定画面を表示

Windows10のスタートボタンをクリック

Windowsスタートをクリックして、スタートメニューを表示させます。

Windows10の設定画面を表示させる

スタートメニューに表示された「歯車アイコン」をクリックして、Windowsの設定画面を表示します。

個人用設定を表示

スタートメニューから設定画面を表示

Windowsの設定画面が表示されたら、「個人用設定」をクリックして、個人用設定画面を表示させます。

色設定画面を表示

個人用設定画面から色設定画面を表示させる

個人用設定画面が表示されたら、左側にある「色」の部分をクリックして、色設定画面を表示させます。

既定のアプリモードを選択

既定のアプリモードの色を変更する

色設定画面が表示されたら、一番下までスクロールさせます。
「既定のアプリモードを選択します」の部分で、黒をクリックすると今開いている画面が黒ベースの配色に変化します。

Windows10のダークモードでアプリの配色が黒に変化

▲今開いている設定画面が即座にダークモードで黒に配色に変化

エクスプローラーもダークモードで黒配色に変化

▲エクスプローラーもダークモードで黒配色に変化

Windows10 October 2018 Update(1809)適用版だと、エクスプローラーのベース背景色も黒配色に変化するので、目への負担がだいぶ軽減します。

全てのアプリケーションでこのような配色になるわけでは無いですが、頻繁に使う事が多いエクスプローラーの配色が黒配色に変わるだけで大きな違いです。

使う人によっては、アプリケーションの区切り部分が分かりにくい場合があります。
その場合は、次の設定を行って調整をしたらいいです。

Windowsの色やアクセントカラーの変更

Windowsのアクセントカラーを変更

Windowsの色の部分を、好みの色から選択出来ます。
自分の場合は、一番左下にある「オーバーキャスト」にして、黒よりも少し明るい色にしています。

また、「以下の場所にアクセントカラーを表示します」の部分の、「スタート、タスクバー、アクションセンター」と「タイトルバーとウィンドウの境界線」を好みで選択してみるといいです。

選択すると直ぐに変わるので、自分に合った形で設定出来ます。

まとめ

白背景がベースだと、どうしても光が反射して目が疲れやすくなります。
そこで、Windowsパソコン作業で目が疲れる場合にオススメしたい対処方法として、ダークモードがあります。

Windows10 October 2018 Update(1809)適用版が対象です。
簡単に設定変更出来るので、最近画面が眩しい、目が疲れるという方は一度試してみたら違いがハッキリと分かると思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする