Windowsでネットワークが遅い場合に見直したい設定箇所!

Windowsでネットワークが遅い場合に見直したい設定箇所!

通常、Windowsをネットワーク(インターネットや社内LANなど)に繋いだらネットワーク設定はデフォルトのまま利用する事が多いと思います。

敢えて設定する必要が無く利用出来ますが、ネットワーク速度に不満を持つ場合があります。

Windowsのネットワーク設定機能の一つにSNP(Scalable Networking Pack)と呼ばれるネットワーク最適化機能があります。

このSNPが通常は、有効になっているのですが逆に、この機能が原因でネットワーク速度を低下させる事があります。

そこで、ネットワークの速度が遅いと感じる場合に見直してもらいたい設定箇所です。

スポンサーリンク

SNPはネットワーク処理をハードウェアに分担処理させる

このWindowsのネットワーク設定で標準では有効(Enabled)になっているのが、SNP(Scalable Netwaorking Pack)という機能です。

この設定が有効になっていると、ネットワークの処理を通常ならCPUで行うところをネットワークボードなどのNICに担当させる事によって、CPUの負荷を減らす機能です。

そして、このSNPには3つの機能があり、1つでも有効(Enabled)ならばSNPが機能している事になります。

  • RSS(Receive Side Scaling)
  • TCP Chimney Offload
  • NetDMA(Network Direct Memory Access)

このSNPの機能が使っているパソコンでは、どのようになっているかをコマンドプロンプトで調べる事が出来ます。

通常通り、アクセサリ内のコマンドプロンプトを立ち上げて、”netsh int tcp show global”と入力すると現在のSNPの状態などが確認出来ます。

SNPの状態をコマンドプロンプトで確認

  • Receive-Side Scaling 状態:enabled
  • Chimney オフロード状態:automatic
  • NetDMA 状態      :enabled

と表示されているので、SNPは有効状態です。

※Windows8.1やWindows10の場合は、NetDMAはサポートされていないかもしれません。

そして、これらの設定を変更する場合には、コマンドプロンプトを管理者として実行する必要があります。

コマンドプロンプトを管理者として実行

コマンドプロンプト上で、右クリックして”管理者として実行”をクリックしたら、コマンドプロンプトを管理者として立ち上げる事が出来ます。

RSS(Receive Side Scaling)

TCPの受診制御の効率化を図る機能で、この機能がenabled(有効)になっていると、複数のCPUコアが分担して受診制御を行い、特定のCPUコアへ集中する負荷を分散処理する。

disabled(無効)に設定すると、マルチコアのCPUでもシングルコアとして受診制御処理をするようになる。

この機能が有効の場合、ネットゲームやセキュリティソフトなどのネットワーク通信と同時にマルチスレッド処理を行うアプリケーションとの相性が悪い場合がある。

2016-01-26_21h42_47

コマンドプロンプト上で、”netsh int tcp set global rss=disabled”と入力したら、RSSの機能を無効化出来ます。

TCP Chimney Offload

ネットワークの処理を通常ならCPUで行うところをネットワークボードなどのNICに担当させて負荷を分散させる機能です。

TCP Chimney Offloadを無効化

コマンドプロンプト上で、”netsh int tcp set global chimney=disabaled”と入力すると、この機能を無効化出来ます。

NetDMA(Network Direct Memory Access)

ネットワークボード(NIC)から、メモリへ直接アクセスする機能で、NICやネットワークドライバが大量のメモリ領域を占有してしまう場合があり、その場合メモリ領域が不足したりする問題が出てきます。

TCP Chimney Offloadを無効化

コマンドプロンプト上で、”netsh int tcp set global netdma=disabaled”と入力すると、この機能を無効化出来ます。

SNPを無効化にしたら

これらのSNPの設定を無効化にしたら、コマンドプロンプトで確認して下さい。

SNPの無効化の確認

  • Receive-Side Scaling 状態:disabled
  • Chimney オフロード状態:disabled
  • NetDMA 状態      :disabled

と3つともdisabledとなっていたら念の為、Windowsを再起動させてネットワーク通信の改善が見られるか確認して下さい。

まとめ

Windowsを使っていて、インターネットやネットワークドライブへの接続が遅いと感じたら、このSNPの設定が有効になっているのが原因かもしれません。

パソコンメーカーなどもSNPの無効化を推奨している事が多く、ネットワークを使う上では残念な機能かもしれません。

このSNPの機能の設定を見直してみたら、ネットワーク速度自体が改善されたケースがかなり多いです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする