Windows10とiPhoneをBluetooth接続する設定方法!

Windows10とiPhoneをBluetooth接続する設定方法

Windows10のパソコンとiPhoneを接続する方法はいくつかありますが、その接続方法の一つにBluetooth(ブルートゥース)接続があります。

Windows10とiPhoneがBluetooth接続されると、iPhoneの音楽をWindows10側で鳴らしたり、iPhoneをデザリングの子機として使用したり出来ます

そこで、Windows10とiPhoneをBluetooth接続する設定方法を紹介します。

スポンサーリンク

Windows10とiPhoneをBluetoothでペアリング

Windows10のアクションセンターを開く

Windows10のアクションセンターを開く

Bluetoothの設定を行うには、まず、Windows10のアクションセンターを開きます。

タスクバー右下にある、「通知アイコン」をクリックしたらアクションセンターが開きます

その後、Bluetooth設定を開きます。

Bluetooth設定画面を開く

Windows10のBluetooth設定画面を開く

Windows10のアクションセンター内に表示されているBluetoothアイコン上で右クリックをして、「設定を開く」をクリックしてBluetooth設定画面を開きます

Windows10のBluetooth設定画面

Windows10のBluetooth設定画面

Windows10にiPhoneを一度でもペアリング(接続)した事がなければ、上記画面のようにiPhoneの名称などは表示されていないはずです。

iPhoneをBluetooth接続するための設定をしていきます。

iPhoneをBluetooth追加

iPhoneをBluetooth追加する

Bluetooth設定画面内の「Bluetoothまたはその他のデバイスを追加する」をクリックして、デバイスを追加する画面を開きます。

デバイスを追加する画面

Windows10 Bluetoothデバイス追加画面

デバイスを追加する画面が表示されたら、「Bluetooth」の部分をクリックしてBluetoothデバイスの探索状態にします。

Bluetoothデバイスの探索中画面

windows10 bluetooth探索中の画面

Windows10がBluetoothデバイスを探索している画面です。

Bluetoothデバイスが見つかれば、ここにそのデバイス名が表示されます。

この状態で、今度はiPhone側のBluetooth設定をしていきます。

iPhoneの設定画面

iPhoneのBluetooth設定

iPhone側の設定画面を表示させます。

設定画面内に「Bluetooth」の設定項目があるので、その部分をタップしてBluetoothの設定画面を表示させます。

ちなみに、画像のiPhoneは、iPhone6sのiOS11.0.1の状態です。

iPhoneのBluetooth設定画面

iPhoneのBluetooth設定

iPhoneのBluetooth設定の画面が表示されると、「”iPhone”という名前で検出可能です。」と表示されています。

これは、Windows10のBluetoothデバイスの探索画面内に、このiPhoneのBluetooth状態を検知すると「iPhone」というデバイス名で表示されます。

Windows10側でiPhoneのBluetoothを検知した場合

Windows10でiphoneのBluetoothを検知

iPhone側でBlutooth設定画面までいくと、Windows10側にも検知されて先程のiPhoneの画面に表示されていたデバイス名の「iPhone」が表示されます。

その「iPhone」をクリックして、接続試行に進みます

Windows10側でiPhoneのBluetoothを検知した場合

デバイス名の「iPhone」が表示され、接続試行中となりPINコードが表示さます。

画面上のPINコードは844490となっていますが、これはランダムに変わるのでWindows10側とiPhone側で同じPINコードが表示されているのを確認する必要があります。

まずは、Windows10側の「接続」ボタンをクリックして、iPhone側の操作に移ります

iPhone側でWindows10のBluetoothを検知した場合

iPhone側でWindows10のBluetoothを検知した画面

iPhone側でWindows10のBluetoothを検知したら、上記画面が表示されます。

Windows10のパソコン名とPINコードが表示されます。

先程も書きましたが、ここに表示されているPINコードとWindows10に表示されたPINコードが同一であるのをしっかり確認します。

PINコードが同じであれば、「ペアリング」をタップしてBluetoothのペアリングを完了させます。

Windows10とiPhoneのペアリングの完了画面

Windows10でiPhoneとペアリング完了

Windows10とiPhoneのBluetoothのペアリングが完了すると、上記画面のように「ペアリング済み」が表示されます。(Windows10側)

Windows10とiPhoneをBluetoothペアリング済みの表示

「完了」ボタンをクリックして、Bluetoothとその他のデバイス画面にはペアリング済みになったiPhoneの文字が表示されています。

iPhoneとWindows10のペアリングが完了

この画像は、iPhone側のWindows10とBluetoothのペアリングが完了した画面です。

Windows10のパソコン名と「接続済み」が表示されている事でペアリングが完了した事が分かります。

まとめ

今回、Windows10とiPhoneをBluetooth接続するための設定方法を紹介しました。

Windows10とiPhoneがBluetooth接続されると、iPhoneの音楽をWindows10側で鳴らしたり、iPhoneをデザリングの親機として使用したり出来ますが、詳しくはBluetoothプロファイルがどれに対応しているか次第です。

公式サイト iOSデバイス対応のBluetoothプロファイル – Appleサポート

ただし、iPhoneとBluetooth接続出来るようになると、Windows10側での特有の機能が使えるようにもなります。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする