バッファロー製Wi-fi(無線LAN)ルーターの設定画面を開くためのIPアドレス・ユーザー名・パスワード

バッファロー製無線LANルーター設定画面

Wi-fi(無線LAN)ルーター等の設定を行うには、必ずそのルーターの設定画面から変更等を行います。
パソコンのブラウザ等でルーターの設定画面にアクセスしたいところですが、メーカー毎に設定画面を開くためのIPアドレスが設定されています。

逆にいえばそのIPアドレスを覚えておけば、そのルーターのIPアドレスをブラウザのアドレスバーに入力してしまえば、いつでもルーターの設定画面へアクセスできます。
ただし、設定画面にログインするには、ユーザー名とパスワードが必要です。

そこで、バッファロー(BUFFALO)製Wi-fi(無線LAN)ルーターの設定画面を開くためのIPアドレスと、ログインするためのデフォルトのユーザー名とパスワードです。

スポンサーリンク

バッファロー(BUFFALO)製Wi-fi(無線LAN)ルーター

ルーターモードで動作している場合

バッファロー(BUFFALO)製Wi-fi(無線LAN)ルーターの動作モード切替スイッチが”ON”の場合は、もちろん、ルーターモードで動作しています。
確認方法として、ルータモードで動作中は、ROUTERランプが緑、または、青点灯しています。
その場合のルーター設定画面へのIPアドレスは、192.168.11.1となっています。

動作モードをAUTOにしている場合

バッファロー(BUFFALO)製Wi-fi(無線LAN)ルーターの動作モード切替スイッチが”AUTO”にしている場合には、接続状況によってルーターが自動判別してルーターモード、もしくは、ブリッジモードで動作しています。

その場合には、本体のROUTERランプの状況で判別します。
本体のROUTERランプが緑、または、橙点灯の場合は、ルーターモードで動作しています。
その場合のルーター設定画面へのIPアドレスは、192.168.11.1となります。

本体のROUTERランプ消灯、または、橙点灯の場合は、ブリッジモードで動作しています。
その場合のIPアドレスは、192.168.※.2 以降のIPアドレスとなります。

ルーターモードをOFFにしている場合

バッファロー(BUFFALO)製Wi-fi(無線LAN)ルーターの動作モード切替スイッチが”OFF”の場合など、ルーターがブリッジモードで動作中・ルーター機能停止で、ルーター本体のROUTERランプ消灯がしています。

その場合のルーター設定画面へのIPアドレスは192.168.11.100となっています。

※ルーター動作モードが”OFF”状態でルーターの設定画面へアクセスするためには、次のどちらかの条件を満たす必要がある。

  • パソコンのIPアドレスのネットワーク部を同一の192.168.11(先頭24bit部分)に合わせる。(一時的にパソコンのIPアドレスを固定する作業が必要となる場合があります。
    上流DHCPが192.168.11となっている場合は、IPアドレス固定作業は必要ありません。)
  • バッファロー製ルーターのエアステーション設定ツールを利用する。(インストールが必要)

設定画面へログインするためのユーザー名とパスワード

バッファロー(BUFFALO)製Wi-fi(無線LAN)ルーターのログイン画面

製品にセットアップカードが付属していない場合(工場出荷時)は、

  • ユーザー名:root
  • パスワード:(空白)

となっています。

製品にセットアップカードが付属している場合(工場出荷時)は、

  • ユーザー名:admin
  • パスワード:password

となっています。

※自分でユーザー名とパスワードを変更した場合は、変更したもので設定画面へログインするしかないです。

変更したユーザー名やパスワードを忘れてしまった場合は、ルーター自体を工場出荷状態へ初期化するしかないです。

まとめ

バッファロー(BUFFALO)製Wi-fi(無線LAN)ルーターの設定画面へアクセスするためのIPアドレスは、動作モードがON・AUTO・OFFによって違ってきます。

  • ルーターモード(ON)の場合は、192.168.11.1
  • AUTOの場合は、192.168.11.1 もしくは、192.168.11.2以降
  • OFFの場合は、192.168.11.100

と覚えておけばいいでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする