Windowsでキーボード入力時、ローマ字入力ができない!かな入力からの戻し方!

Windowsでキーボード入力時、ローマ字入力ができない!かな入力からの戻し方!

Windowsでキーボードを使って文章等の入力作業をしようとする時に、ふといつも通りキーボードを打っていると、いつもと違う文字が入力されてしまった事はありませんか?

いつも日本語の文章を入力するさいには、ローマ字入力で入力していたが、突然、Aキーを押すと、「ち」が表示されたり、Kキーが「の」と表示されてしまったり。

これは、WindowsのIMEの入力方式がローマ字入力方式からかな入力方式になってしまったのが原因です。
そこで、Windowsでキーボード入力時、ローマ字入力が出来なくなった場合(かな入力)の戻し方を解説します。

スポンサーリンク

かな入力状態からローマ字入力への戻し方

Windowsがかな入力状態の文字入力時

Windowsの文字入力方式が、かな入力になっているとASDFGHJKLのキーを押していくと、上記画像のように、「ちとしはきくのなりれけむ」と表示されます。

この文字入力状態が、かな入力になっている証です。
そこで、文字の入力方式をかな入力からローマ字入力に戻す方法は2種類あります。
それは、キーボードからの方法とIMEのオプションからの設定方法です。

キーボードを使用して「かな入力」と「ローマ字入力」を切り替える方法

キーボードを使用して、かな入力からローマ字入力を切り替える

キーボードを使用して、「かな入力」から「ローマ字入力」に戻す方法です。
正確に言えば、「かな入力」と「ローマ字入力」の入力方式を切り替えているだけです。

キーボード上のAltキーを押しながら、カタカナ/ひらがな/ローマ字キーを押すだけです。

かな入力とローマ字入力の切り替え確認画面

一応、キーボードを使用して「かな入力」と「ローマ字」入力を切り替えようとすると、上記確認画面が表示されるので、後は「はい」をクリックしたら入力方式を切り替えられます。

いちいち、確認画面が表示されるのが煩わしいという方は、「今後、このダイアログを表示しない」の部分をクリックしてチェックを入れた状態にすると、確認ダイアログ画面は表示されなくなります。

キーボード操作時に、Altキーとカタカナ/ひらがな/ローマ字キーは近くにあるので、間違って同時に押してしまった時などに、間違って文字入力方式が切り替わってしまったって事があります。

Microsoft IMEのオプション設定から「かな入力」と「ローマ字入力」を切り替える方法

WindowsのIMEオプションを表示

タスクバー上にあるMicrosoft IME部分でマウスの右クリックをして、オプションを表示させます。

Micorsoft IMEのオプション表示

Microsoft IMEのオプションを表示させたら、リスト内にある「ローマ字入力/かな入力」の部分にマウスカーソルをホバー(乗せる)させます。
マウスカーソルをホバーさせると、左側に次階層のリストが表示されます。

Microsoft IMEのオプション上で文字入力方式を切り替える

表示されたリストにある「ローマ字入力」をクリックしたら、文字入力方式がローマ字入力に切り替わります。
今現在選択されている入力方式の部分に「●」が付いているので、今現在どちらの文字入力方式になっているかの確認をする事も出来ます。

まとめ

バタバタと忙しく文字入力をしないといけないタイミングで、いつもと違う文字入力方式になっていた場合、ちょっとイラっと…する事はありませんか。

そのような時は、キーボードの文字入力方式がいつも使用している入力方式から変わってしまっているのが原因です。

そこで、今回紹介した「ローマ字入力」と「かな入力」を切り替える方法で対処してみて下さい。
2種類の方法がありますが、キーボードのショートカットを覚えておくと、早く切り替えられるので便利ですよ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする