Microsoft Office 365 Soloが何ビット版のアプリで動作しているか確認する方法!

Microsoft Office 365 Soloが何ビット版のアプリで動作しているか確認する方法!

Microsoft Office365 SoloをWindowsにインストールしてOffice製品を使用しますが、このOffice365 Soloアプリ自体には、32ビット版と64ビット版が存在します。

WindowsOSが32ビット版であれば、インストールして使用出来るOffice365 Soloは32ビット版に限定されますが、WindowsOSが64ビット版であればOffice365 Soloの32ビット版と64ビット版のどちらかをインストールして使用出来ます。

Wordで簡単な文書を作成する・Excelで簡単な表計算等を作成するなど、軽い作業をするなら32ビット版でも64ビット版でも大差は無いかもしれません。

しかし、「容量の大きい画像ファイルなどをたくさんWordに挿し込んで利用する」、「複数のシートに跨ってExcelで複雑な自動計算をする表を作成する」など、ファイル容量などが大きくなるような場合には、Office365 Soloの64ビット版を使用した方がいいです。

実際に今WindowsにインストールしたOffice365 Soloが、何ビット版なのかを確認する必要があります。
そこで、Microsoft Office365 Soloが、何ビット版のアプリで動作しているか確認する方法です。

スポンサーリンク

Office365 Soloが何ビット版かを確認する方法は2パターン

Microsoft Office365 Soloが何ビット版で動作しているか、確認する方法は2パターンあります。
タスクマネージャーのプロセス部分で確認する方法と、実際にOfficeアプリを立ち上げて確認する方法です。

簡単なのは、タスクマネージャーのプロセスで確認する方法です。

Windows10 April 2018 Update(1803)で、確認方法を説明します。
ちなみに、Windows10のバージョン確認方法は、下記記事を参考にして下さい。

Windows10は、以前までのWindow7からWindows8などへのメジャーアップデートと変わり、WaaS(Windows a...
どちらの確認方法でも、Officeアプリを立ち上げておく必要があります。

Microsoft Office 365 Soloが何ビット版のアプリで動作しているか確認する方法でExcelを立ち上げる

今回は、Excelを起動して何ビット版で動作しているかの確認をします。

タスクマネージャーで何ビット版かを確認する方法

タスクマネージャーでExcelが何ビット版で動作しているかを確認する方法

まずは、Office365製品のExcelを立ち上げている状態で、タスクマネージャーを立ち上げます。

タスクマネージャーの起動方法が分からない方は、下記記事を参照して下さい。

タスクマネージャーは、今、Windows10上で起動しているアプリを確認出来たり、動作しているプロセスを確認、タスクの終了を出来るW...

タスクマネージャーを立ち上げるて、プロセスタブ内にあるMicrosoft Excelの部分を見ると、今何ビット版で動作しているのか確認出来ます
上記画像だと、「Microsoft Excel(32 ビット)」と表示されているので、32ビット版で動作している状態です。

上記画像だと、たまたまCPU使用率が高かったので、一番上の欄に表示されています。

見つけにくい場合には、名前の部分をクリックして並べ替えをしたら見つけやすくなります。

Officeアプリ上から確認する方法

ホーム画面を表示

Officeアプリが何ビット版か確認する方法ーアカウント情報

Excelを起動して最初に表示されるホーム画面の左下部にある「アカウント」をクリックして、アカウント情報を表示させます。

Excelファイルを使用して、Excelを立ち上げていた場合には、リボン上のホームをクリックしたら上記画像のように、ホーム画面が表示されます。

アカウント情報を表示

Microsoft Office 365のアカウント情報画面

アカウント情報を表示させたら、画面内に表示されている「Excelのバージョン情報」部分をクリックして、Microsoft Excel for Office 365のバージョン情報を表示させます。

Microsoft Excel for Office 365のバージョン情報を表示

Microsoft Excel for Office 365のバージョン情報を表示

Microsoft Excel for Office 365のバージョン情報を表示させたら、最上部に表示されている部分を確認したら、何ビット版で動作しているかの確認が出来ます。

上記画像の場合だと、「Microsoft Excel for Office 365 MSO(~)32ビット」と表示されているので、32ビット版で動作している状態です。

まとめ

Microsoftのサブスクリプション製品である、Microsoft Office 365 Soloには32ビット版と64ビット版があり、今回、何ビット版で動作しているのかを確認する方法を紹介しました。

簡単に分かるのは、タスクマネージャーのプロセスを見て確認する方法です。
Office製品を立ち上げている状態なら、アカウント情報から確認する方法があります。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする