Microsoft Office365 Soloで64ビット版のアプリケーションをインストールする方法!

Microsoft Office 365 Soloで64ビット版のアプリケーションをインストールする方法! ソフトウェア
スポンサーリンク

Microsoft Office365 Soloをサイトよりインストーラーをダウンロードして、WindowsにインストールするとOfficeアプリケーションがインストールされます。

ただ、ダウンロードするさいに注意していないと、既定では32ビット版のOfficeアプリケーションインストーラーをダウンロードするような状態になっています。

WindowsOSが64ビット版なら、動作させるアプリケーションも64ビット版にした方が動作が安定します。そこで、Office365 Soloの64ビット版をダウンロードし、インストールする方法を説明します。

スポンサーリンク

WindowsにインストールされているOfficeアプリが何ビット版かを確認する

マイクロソフト
¥11,581 (2020/09/25 05:24:36時点 Amazon調べ-詳細)
インストール台数無制限(同時使用可能台数5台)

WindowsOSが32ビット版であれば、Officeアプリケーションも32ビット版しかインストール出来ませんが、WindowsOSが64ビット版であればOfficeアプリケーションも64ビット版をインストールした方が最大限にアプリケーションの能力を発揮させる事が出来ます。

そこで、WindowsパソコンにインストールしているOfficeアプリケーションが、32ビット版か64ビット版かを確認しておくといいです。

もし、32ビット版がインストールされているようなら、64ビット版をインストールし直した方がOfficeアプリケーションの動作も安定します。

もちろん、64ビット版のOfficeアプリケーションをインストールする前に、32ビット版のOfficeアプリケーションをアンインストールしておく必要があります。

Microsoft Office365 で64ビット版をインストールする方法

マイクロソフトのアカウントにアクセス

マイクロソフトアカウントにアクセス

まずは、マイクロソフトのアカウントにアクセスします。

マイクロソフトアカウント:https://account.microsoft.com/services/

マイクロソフトアカウントにアクセスしたら、「Office 365 Solo」項目内にある「インストールする」をクリックします。

サイトにアクセスして、サインイン状態で無い(サインアウト状態)の場合は、サインイン画面が表示されるのでアカウント登録してある情報を入力して、サインインして下さい。

Office365 Soloのサイト

Office365 Soloのインストーラーをダウンロード

Office365 Soloのサイトに画面が切り替わったら、「すべてのコンピューターにOfficeをインストールする」と表示されている側の「Officeのインストール」をクリックします。

Office365 Soloのダウンロードとインストールを確認

Officeのインストールをクリックすると、上記画面が表示されます。
デフォルトでは、Office365 Soloの日本語32ビット版が表示されているので、そのままインストールボタンをクリックすると、32ビット版のインストーラーがダウンロードされてしまいます。

64ビット版のOfficeアプリケーションをダウンロードしたいので、「その他のオプション」をクリックして選択画面を表示させます。

Officeアプリケーションの64ビット版を選択

Officeアプリケーションの64ビット版をリストより選択

オプション画面が表示されたら、「バージョンを選択する」部分のリストを表示させます。
「Office-64ビット」をクリックして選択します。
選択出来るリスト内には、

  • Office – 32ビット(既定)
  • Office – 64ビット
  • Office Insider – 32ビット
  • Office Insider – 64ビット
  • Office 月次チャネル(対象指定) – 32ビット
  • Office 月次チャネル(対象指定) – 64ビット

があります。

表示されているリストの意味が解らない場合は、取り敢えず「Office – 64ビット」を選択したらいいです。

Office365 64ビット版のインストーラーをダウンロード

Office365 64ビット版をダウンロード

バージョンを選択する部分に「Office – 64ビット」が表示されている状態を確認して、インストールボタンをクリックして、Office 365 Soloの64ビット版インストーラーをダウンロードします。

 

Office365 Solo64ビット版のダウンロード確認画面

ダウンロードの確認画面が表示されたら、「ファイルを保存」をクリックしてダウンロードを開始します。

Office365 Solo64ビット版をWindowsにインストール

ダウロードフォルダ内のOffice365 Soloインストーラーをダブルクリック

ダウンロードしたファイルをダブルクリックして、WindowsにOffice365 Solo 64ビット版をインストールします。

 

Office365 Solo64ビット版をWindowsにインストール中

Office365 Solo64ビット版のインストール中の画面です。通常なら何も問題無くインストールされるのですが、今回自分のWindows10の環境ではインストール時にエラーが表示されました。

Officeをインストール時にエラーが表示された場合

Office365 Soloのインストールに失敗

一度、Office365 Soloの32ビット版をWindows上からアンインストールしておいたのですが、Office365 Soloとは別にAccessデーターベースエンジン2010の32ビット版がインストールされていたのが原因でエラーが表示されました。

このAccessデーターベースエンジン2010の32ビット版をアンインストールしたら、問題無くOffice365 Soloの64ビット版をインストールする事が出来ました。

Office365 Soloの64ビット版がインストールされたか確認

Office365 Solo64ビット版がインストールされたか確認

Office365 Solo 64ビット版のインストールが完了したら、本当に64ビット版がインストールされたか確認してみて下さい。

確認する方法は、冒頭でも記しましたが下記記事を参照して下さい。

きちんと、64ビット版の表示がされていれば問題無いです。

まとめ

マイクロソフト
¥11,581 (2020/09/25 05:24:36時点 Amazon調べ-詳細)
インストール台数無制限(同時使用可能台数5台)

Microsoft Office365 Soloをサイトよりインストーラーをダウンロードするさいに注意していないと、既定では32ビット版のOfficeアプリケーションインストーラーをダウンロードするような状態になっています。

そこで、今回紹介した方法でOffice365 Soloの64ビット版をダウンロードして、使用しているWindowsにインストールしてみて下さい。

実際に32ビット版から64ビット版にインストールし直したら、アプリの起動や動作が早くなったのを実感出来ました。やはり、WindowsOSが64ビットならば、Officeアプリケーションも64ビット版にしておくのがベストですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました