MiniDVやVHSなどのビデオテープをDVDにダビングしてくれるサービス!

VHSやMiniDVなどをDVDへダビング

こんにちは、B-Kです。

子供が生まれてからの成長記録を撮り貯めたビデオテープが大量に眠っていませんか。

最近のビデオカメラの記録メディアはSDカードなどになっていますが、少し前まではVHS、S-VHS、VHS-C、S-VHS-C、MiniDV(DVC)、Hi8(Video8、Digital8)などのテープ型が主流でした。

しかし、このテープ型は保管・保存状況が悪いと劣化したり、テープにカビが生えたりして実際に映像を再生させる事が出来なかったり、また、そもそもそのテープを再生させるビデオカメラが壊れてしまっていたりしませんか。

自分は、MiniDVのビデオカメラが壊れて子供の産まれた頃の映像を見る事が出来ませんでしたが、この一昔前の録画メディアテープからDVDへダビングしてくれるサービスがあったのでそれを紹介します。

スポンサーリンク

VHSやMiniDVなどからDVDへダビングするサービス

VHSやMiniDVをDVDへダビング

VHS、S-VHS、VHS-C、S-VHS-C、MiniDV(DVC)、Hi8(Video8、Digital8)などのビデオテープからDVDへダビングするサービスを行っているのが、有名映像機器メーカーVictorの<ビクターダビングサービス>
チャプタインデックス付きでDVDにダビングしてくれるので、ダビングされたDVDを再生する場合にも便利になります。
また、ビデオテープにカビが生えている場合やテープが切れてしまっている場合にもオプション料金が掛かりますが対応してくれます。

DVDへダビング本数が多いとお得に

DVDダビング本数が増えるとお得に

ビデオテープからDVDへダビング1本1,130円(税込)と安い価格設定ですが、ダビング本数が増えるとさらにお得になります。

6~10本で1本あたり1,030円(税込)になり、11~15本だと1本あたり980円(税込)になります。

もし、15本をDVDへダビングして割引されていない価格なら合計で16,950円になりますが、割引された価格なら14,700円と2,250円もお得!になります。

さらに、DVDダビング6本以上からは、<ビクターダビングサービス>からの発送料540円が無料になるのでとってもお得です!

DVDダビングの対応ビデオテープの種類

DVDへのダビング対応のビデオテープの種類は、

  • VHS
  • S-VHS
  • VHS-C
  • S-VHS-C
  • MiniDV(DVC)
  • Hi8(Video8、Digital8)

となっており、一昔前まで使っていたビデオテープの種類は対応しています。

ダビングDVDの録画形式

ダビングされたDVDの録画形式は、DVD-VIDEO方式になるので通常のDVDプレーヤーやパソコンなどで再生する事が出来ます。

また、保護プロテクトを掛けていないみたいなので自分で複製して保管用と再生用に別けておく事も出来ます。

DVDダビングの利用料金と支払い方法

利用料金

DVDダビングの利用料金は、ダビング代+発送料540円(ダビング6本以上なら無料)+代引手数料324円(代引を選択した場合)となっています。

DVDダビング6本以上でクレジットカード支払いを選択したら、支払う料金はダビング代だけになります。

支払い方法

支払い方法は、代金引換とクレジットカードを選択出来ます。

他のDVDへのダビングサービスだとクレジットカードのみの場合が多いので、代金引換が選択出来るのも便利です。

まとめ



VHS、S-VHS、VHS-C、S-VHS-C、MiniDV(DVC)、Hi8(Video8、Digital8)などのビデオテープをそのまま保管していると劣化したり、テープが切れたりしていざ再生しようとすると再生できなかったり、そもそもその再生をする機器が壊れていたりします。

そこで、それらのビデオテープからDVDへダビングしておけば劣化する事も無く、また、保管する上でも邪魔にならず一石二鳥です。

もし、大量にアナログビデオがあればこの機会にDVDへダビングしてみてはいかがでしょうか。
<ビクターダビングサービス>
1回で6本以上頼めば送料も無料になってお得ですよ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする