パソコンの電源が勝手に落ちる原因と対処方法!

パソコンの電源が落ちる原因と対処方法!

突然、パソコンの電源が落ちた事はありませんか。

それが何度も繰り返されたりすると大変困った状況になります。

また、電源が落ちるというよりも再起動を繰り返すような状況に陥ったりする事もあります。

パソコンの電源が勝手に落ちるような状況ですが、原因によってはハードウェアの障害やソフトウェアの障害の場合があります。

スポンサーリンク

突然パソコンの電源が落ちる場合

この場合、ハードウェアに障害が発生している場合が多いです。

パソコンのハードウェアが障害を感知して突然電源を遮断したりするのが原因です。

CPUの温度が上昇

よく、”CPUが熱暴走した”などと言われますが、CPU自体の設定温度よりも高くなってきた場合にCPUが損傷するのを防ぐために、電源が突然切られます。

パソコンの重要基盤であるマザーボード等が制御を行います。

では、なぜCPUの温度が高くなっていくのでしょうか。

答えは、CPUファンが回っていない、もしくは、パソコン本体にホコリが溜まり本体外へ空気が流れにくい状況になっている場合がほとんどでしょう。

パソコン本体にホコリが溜まっている場合には、エアーダスターなどでホコリを落とす事でだいぶ空気が流れるようになります。

自作タイプのデスクトップパソコンの場合は、CPUファンを交換したりする事によって問題解決する事が多いですが、メーカーパソコンやノートパソコンの場合、簡単にCPUファンを交換出来ない問題があります。

その場合は、パソコンの修理を行っている業者などに依頼すると、メーカーに依頼するよりも格安で修理してもらえる可能性が高いです。

パソコンの電源部分が故障

これもよくあるケースです。

パソコンのマザーボードへ電源を供給する電源ユニット内のコンデンサが破裂している状態だと、突然パソコンの電源を遮断する事があります

この場合、作業中に突然電源が落ちるよりも、パソコンの電源を入れた後に電源が落ちる事の方が多いです。

パソコンは、電源をONにした直後が一番電気を使うのでそれに耐えられなくて、電源が落ちる場合があります。

やはり、自作タイプのパソコンだと電源ユニットの交換で症状は改善しますが、メーカーパソコンやノートパソコンの場合だと、簡単に電源ユニットを交換出来ないケースが多いです。

この場合もパソコンの修理を行っている業者に依頼してみて、該当する電源ユニットの在庫を持っていたら簡単に修理する事が出来ます。

意外な盲点

パソコンは、電源コンセントにつないで使用しますが、特にデスクトップパソコンの場合はバッテリーなどは内蔵していないので、電源コンセントから抜けたらもちろん、パソコンの電源は落ちます。

この電源ケーブルとパソコンの電源接続部分が緩くなって外れかけていないかも確認してみた方がいいです。

意外とパソコンを設置している場所を変えたりした時に、この部分が緩んでいたという方もいます。

パソコンが再起動を繰り返す

再起動を繰り返す場合は、大体がソフトウェアが原因になっている場合が多いです。

特にOSレベルでの不具合に起因している事が多く、よくWindows UPdate直後にこのような症状が起きたりします

完全にソフトウェア障害とは言い切れませんが、再起動するという事はハードウェア的に動作している状況であり、ほとんどの場合、再起動にいたる箇所(例えばWindowsのロゴマークが出たら再起動するなど)が限定される場合はソフトウェア障害と考えられます。

ソフトウェアが原因での再起動を繰り返す症状は、色々と原因が多くそれにあった対処をしないとまったく改善しないです。

それよりも、間違った方法を試すと逆に悪化する場合もあり慎重に対処しなければなりません。

もし、Windows UPdateによる再起動ならWindowsの公式サイトなどに対処方法が記載されるのでその方法を試してみたほうがいいです。

まとめ

同じパソコンの電源が落ちる症状でも、完全に電源が切れてしまう場合はハードウェア障害。

逆に再起動を繰り返すような症状ならソフトウェア障害が考えられます。

ハードウェア障害の場合は、CPU・電源ユニットの順に原因を探っていくと早く対処方法が見つかるでしょう。

どうしてもわからない場合は、パソコンメーカーに頼む方法もありますが、結構な費用が掛かるケースが多いのでパソコンの修理業者に依頼すると費用が安く済むケースが多いです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする