スマート家電コントローラ「RS-WFIREX3」を使うとスマホで家電を操作出来る!外出先から遠隔操作も! | パソコンに困ったらFind Out!

スマート家電コントローラ「RS-WFIREX3」を使うとスマホで家電を操作出来る!外出先から遠隔操作も!

スマート家電コントローラ「RS-WFIREX3」を使うとスマホで家電を操作出来る!外出先から遠隔操作も!

スマホに家電製品の赤外線リモコンを集約でき、家外設定を有効にすると屋外からでも登録してある家電製品の操作が出来るようになる、非常に便利なスマート家電コントローラのRS-WFIREX3。

販売価格も手頃で、同等機能を持った他社製品が販売されていますが、RS-WFIREX3はラトックシステム(日本企業)の製品と言うことで安心感もあります。

そんな、ラトックシステム スマート家電コントローラ「RS-WFIREX3」を紹介します。

スポンサーリンク

スマホがリモコンにスマート家電コントローラの「RS-WFIREX3」

特長

液晶TV・HDDレコーダー・AV機器・エアコン・扇風機など、家庭にある電気製品には赤外線リモコンが付属している物が多く、テーブルの上などにそれらのリモコンが溢れかえってきまいがちです。

それら増え続ける赤外線リモコンをまとめて、スマホアプリで操作出来るようになると、非常に便利になると思いませんか?
そんな、家電製品のリモコンをまとめてスマホアプリで操作出来るようになるのが、スマート家電コントローラの「RS-WFIREX3」です。

最大の魅力は家電製品の赤外線リモコンをスマホにまとめられる事だけでは無く、外出先からもこれら家電製品をコントロール出来るようになる事です。

暑い夏場、帰宅前にエアコンの冷房を入れておけば、家に帰り着く頃には部屋が涼しい状態にも出来ますし、もちろん冬場であれば、逆に暖房を入れて暖かい状態にしてくれています。

リモコンで操作出来る照明器具を付けていたら、夜帰宅時に暗い部屋に帰る事無く、明るい部屋に帰宅する事も。
もちろん、防犯目的で前もって照明器具を点灯させておく事も出来ます。

製品仕様

名称 スマート家電コントローラ
型番 RS-WFIREX3
対応スマートフォン
・タブレット
Wi-Fi接続に対応した下記のスマートフォンまたはタブレット
● iOS 8.4以降を搭載した機種
● Android 4.4以降を搭載したスマートフォン、タブレット※最新のiOS/Androidバージョンにアップデートしてお使いください。
※専用アプリ(無料)をApp Store、Google Playからダウンロードする必要があります。
対応リモコン 各種赤外線リモコン(SONYフォーマット、NECフォーマット、家電製品協会フォーマット、その他メーカー独自フォーマットなど)

※プリセット(登録済みリモコン)については、プリセット一覧にてご確認ください。
※RFリモコンなど赤外線通信以外で制御するリモコンには対応していません。
※すべてのリモコンでの学習および動作を保証するものではありません。

対応スマートスピーカー Amazon Alexa対応スピーカー(Amazon Echoなど)
Googleアシスタント対応スピーカー(Google Homeなど)
タイマー設定の記憶容量 28件(カウント例:ワンショット1件+繰り返し毎日1件=8件)
有効範囲 見通し20m
水平方向:最大360°、垂直方向:最大180°
※家電製品(受信側)の性能により異なります。
無線部 IEEE 802.11 b/g/n
周波数帯域 2.4GHz
使用チャンネル 1~13
セキュリティー WPA2/WPA-Personal
Wi-Fi設定方式 カンタンWi-Fi接続、WPS、手動
センサー 温湿度センサー、照度センサー
LED 赤外線送信時:青点滅、リモコン信号学習時:赤点滅
ソフトウェア(アプリ)

スマート家電コントローラ

スマート家電コントローラ

RATOC Systems, Inc.無料posted withアプリーチ

電源 +5V 1A(Micro-USB ポートより供給)
消費電流 赤外線未送信時(待機時):150mA 赤外線送信時:900mA
動作環境 温度:10~40度、湿度:20~80% (ただし結露しないこと)
外形寸法/重量 直径:63.5mm(突起部含む) /高さ:24mm 重量:32g
パッケージ内容
  • RS-WFIREX3本体
  • USB Micro-B ケーブル (USB Micro-B ⇔ Standard-A)
  • セットアップガイド
  • 保証書(1年)

RS-WFIREX3のレビュー

RS-WFIREX3本体

RS-WFIREX3本体のサイズ

RS-WFIREX3本体のサイズは、63.5mmで重量32gと本当に軽くてコンパクトです。
付属の給電用USB Micro-Bケーブルにクセが付いていると、あまりの軽さから本体が引っ張られて動いてしまうくらいです。

本体の出っ張りにある丸い部分は、照度測定のセンサーと思われます。

RS-WFIREX3本体裏面

RS-WFIREX3本体裏面には、アプリ起動時に読み込む用のQRコードやMACアドレスなどが記載されています。

ちなみに、付属の給電用USB Micro-Bケーブルを本体に接続して使用しますが、電源コンセントに挿す側のUSBアダプタは別途用意しておく必要があります。
粗悪品を使用すると、電源供給が不安定になり上手く起動しなかったり、途中でフリーズしたりする事があるそうです。

推奨品としては、iPhoneなどに付属しているUSB電源アダプタとなっています。

スマホアプリからRS-WFIREX3の初期設定

RS-WFIREX3のアプリ

RS-WFIREX3本体の設定をする前に、使用しているスマホにRS-WFIREX3をコントロールするアプリを前もってインストールしておきます。

Wi-fiルーター(無線LAN)へ接続してRS-WFIREX3の設定を行うには、スマホの接続も2.4GHzで接続しておく必要があります。
RS-WFIREX3の設定が終わった後は、Wi-fiルーター(無線LAN)とスマホの接続を5GHzにしてもRS-WFIREX3への操作は出来ます。

Wi-fiルーター(無線LAN)に接続するためのSSIDとパスワードが必要になってくるので、SSIDとパスワードが分かる物を手元に置いて設定していくといいです。

これらは、Wi-fiルーター(無線LAN)本体上に記載されている場合もあります。

こんにちは、B-Kです。 スマホやiPhoneなどを自宅などの無線LANルーター(Wi-Fi)に接続しようとすると接続用パスワ...

Wi-fiルーターとRS-WFIREX3の接続設定をするには、「カンタンWi-Fi接続」「WPS接続」「手動接続」の3つから選択して接続設定をします。

自分の場合は、「WPS接続」を使用して接続しました。(Wi-fiルーターにあるWPSボタンを押して、RS-WFIREX3本体の電源を入れRS-WFIREX3本体背面にあるWPSボタンを押しWi-fiルーターに認識させるだけです。

Wi-fiルーター(無線LAN)と接続出来てしまえば、後はスマホからRS-WFIREX3から操作したい家電製品のリモコン登録をしていくだけです。

RS-WFIREX3のアプリにリモコンを登録

家電製品の追加から操作したい家電製品メーカーを選択していき、該当する型番を選択していくと登録されていきます。

プリセット登録されているリモコン数は300機種となっていますが、もし、プリセット一覧に表示されていなければ、リモコン学習から登録していく事も出来ます。

RS-WFIREX3をスマホ操作

操作したい家電製品の赤外線リモコンの登録が終われば、後は正しく動作するか確認していけばいいです。

RS-WFIREX3のスマホ操作画面
▲液晶テレビのリモコンの場合

RS-WFIREX3でオリジナルリモコン
▲登録されているリモコンの機能を組み合わせて、オリジナルのリモコンも作成可能。

RS-WFIREX3の赤外線有効範囲は、本体から見通し20mと非常に広範囲に届くようになっています。
RS-WFIREX3と似た機能を持った製品がありますが、ここまで赤外線有効範囲が広範囲に届く物はありません。

と、まあここまでは今でもある赤外線の学習リモコンでも同等の操作は行えるので、スマホで操作出来るからと言って特別感はあまりありませんが、家外設定を有効にすると一気に特別感が出てきます

RS-WFIREX3の魅力的な機能

家外設定を有効にして屋外から家電製品を操作

RS-WFIREX3で屋外から家電製品を操作

RS-WFIREX3の家外設定を有効にすると、屋外からRS-WFIREX3に登録してあるリモコンで家電製品の操作が出来ます。
スマホアプリ上に温度・湿度・照度が表示されているので、気温が高くなり室温が上がってきたら帰宅前にエアコンの冷房を稼働させて、帰宅時には部屋が涼しい状態にしておく事も出来ます。

ペットを飼っている方などは、外出先から室温を確認出来るので、特定の室温になったらエアコンを稼働させてペットにとって快適な室内環境にしてあげれます。

後で出てきますが、アラートセンサーという機能(設定した温度に達したらスマホに通知が来る機能)もあるので、上手く電気の節約をしながらエアコンを稼働させてペットに快適な環境を与えることが出来るようになります。

また、帰宅前の部屋の照明を点灯させておく事で、防犯対策にも使えます。

家外機能は、RS-WFIREX3の発売元であるラットックステムが提供している機能で、サーバーとRS-WFIREX3が通信を行い遠隔操作出来るようにしている仕組みです。(ラトックシステムは、日本企業で安心です)
今現在この機能を利用するのは、無料で利用出来ます。

タイマー機能を使って、家電製品を操作

RS-WFIREX3のタイマー機能

RS-WFIREX3にはタイマー機能(スケジュール機能)があり、登録してある家電製品の動作をまとめて設定する事が出来ます。
目覚まし代わりに、朝になったらTVやエアコン・照明の電源を入れて、快適な目覚めに使えたり(特に冬場などは、部屋が寒いと布団から出たくないですよね)、旅行に出かけている間の夜間は照明を点灯、朝方には照明を消灯させておくなどと言う使い方が出来ます。

センサーアラート機能

RS-WFIREX3のアラート機能

温度が設定温度を超えた場合、または、設定温度を下回った場合にスマホに通知してくれる機能です。
特に部屋でペットを飼っている方には、非常に役に立つ機能だと思います。

ただし、この機能を利用するには家外設定を有効にしておく必要があります。

Googleアシスタント/Amazon Alexaに対応しているので声で操作が出来る

RS-WFIREX3は、Googleアシスタント/Amazon Alexaに対応しているので、スマートスピーカーと連携させることで、声による家電製品の操作が出来るようになります。

  • 「OK Google、エアコンをつけて」
  • 「OK Google、照明をつけて」
  • 「OK Google、照明を消して」
  • 「アレクサ、テレビをつけて/入れて」
  • 「アレクサ、エアコンをつけて」
  • 「アレクサ、照明つけて」
  • 「アレクサ、照明消して」

などなど、他にもいろいろ発話によって、登録してある家電製品が操作出来るようになります。

声で家電製品が操作が出来るようになると、ヤバイです!
布団の中から、声でテレビをつけたり、エアコン操作したり….

スゴイ生活が出来そうです。(笑

まとめ

スマホに家電製品の赤外線リモコンを集約でき、家外設定を有効にすると屋外からでも登録してある家電製品の操作が出来るようになる、非常に便利なスマート家電コントローラのRS-WFIREX3。

販売価格も手頃で、同等機能を持った他社製品が販売されていますが、RS-WFIREX3はラトックシステム(日本企業)の製品と言うことで安心感もあります。

特に夏場や冬場に帰宅する前にエアコンを稼働させておくと、帰宅時には快適な状態になっているのは最高です。
また、ペットを飼っている方や旅行などに出かける事がある方などにもオススメ出来るスマート家電コントローラです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする