WindowsパソコンのDNSキャッシュ情報をクリアする方法!

WindowsパソコンのDNSキャッシュ情報をクリアする方法

こんにちは、B-Kです。

いつも見ているWebサイトが突然見れなくなったり、もしくは、いつものWebサイトから全然違うWebサイトが表示されてしまったりした場合の一つにWindows内のDNSキャッシュが書き換えられた場合に起こる事があります。

そこで、インターネットへ接続してWebサイトの表示がされない場合やいつもと違うWebサイトが表示されてしまう場合に試して欲しい方法です。

スポンサーリンク

DNSキャッシュとは

そもそも、WindowsパソコンのDNSキャッシュとは何なのかを簡単に説明します。

Webサイトへアクセスする場合、”http://example.com”などURLを入力してDNSサーバーへ問い合わせを行います。そこで、DNSサーバーからこの該当するドメインのIPアドレスが返答として返されて、そのIPアドレスを使ってWebサーバーにアクセスして結果のWebサイトを表示させています。

この一度アクセスしたDNSサーバーからの返答のIPアドレスをWindows内にキャッシュとして残しておくのがDNSキャッシュという機能です。

このDNSキャッシュに該当ドメインのIPアドレスが違った形でキャッシュされていると、いつまでも他のWebサイトへアクセスしてしまう状況になります。

そこで、このWindowsのDNSキャッシュをクリアする事で本来のIPアドレスをキャッシュさせる事が出来るようになります。

WindowsのDNSキャッシュ情報を見る

WindowsのDNSキャッシュ情報を見る

まず、コマンドプロンプトを立ち上げます。

[スタート]-[すべてのプログラム]-[アクセサリ]内に”コマンドプロンプト”があります。

もしくは、[Windowsキー]+[Rキー]で”ファイル名を指定して実行”ウィンドウを開いて”cmd”を入力してもコンドプンプトが立ち上がります。

そして、コマンドとして、”ipconfig /displaydns”と入力したら現在DNSキャッシュされている情報が表示されます。

  • レコード名=ホスト名(URL)
  • A(ホスト)レコード=IPアドレス

を表しています。

もしこの表示されたリストの中に見たいWebサイトのURL等が記録されていたら、一度DNSキャッシュクリアをしてみて下さい。

WindowsのDNSキャッシュ情報をクリアする

WindowsのDNSキャッシュ情報をクリアする

コマンドプロンプトでコマンドとして”ipconfig /flushdns”を入力します。

そうすると、現在WindowsのDNSキャッシュ情報がクリアされます。

ちなみにコマンドプロンプトの画面には、

Windows IP 構成

DNS リゾルバーキャッシュは正常にフラッシュされました。

と表示されるはずです。

WindowsのDNSキャッシュ情報をクリアしてから、先程の”ipconfig /displaydns”を入力したらDNSキャッシュの情報がクリアされているのがわかるはずです。

まとめ

ある特定のWebサイトのみ表示されなかったり、もしくは表示がおかしかったりした場合には、WindowsのDNSキャッシュが書き換わっているのが原因の場合があります。

その時は、今回紹介したDNSキャッシュをクリアする方法で解決出来るかもしれません。

ただし、Windowsの”hosts”ファイルにIPアドレスがしてしてあったら、その情報はDNSキャッシュをクリアしても”hosts”ファイルから優先して再度読み込まれてしまうので、その場合には意味が無いです。

また、DNSキャッシュをクリアした後は、ホスト名解決のためにDNSサーバーへ問い合わせをするので一時的にWebサイトの表示が遅くなる場合があります。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする