インクジェットプリンター用交換インクの選び方!純正・互換・リサイクル・詰め替え!

インクジェットプリンターの交換用インクの選び方

インクジェットプリンターを使用していて、特に悩ましいのが交換をしないといけない交換用のインク代。

メーカー純正の交換用インクが安心出来るのはもちろんですが、巷では互換インクやリサイクルインク、詰め替え用インクなどの「非純正インク」が販売されており、その販売価格は「純正インク」と比べて目移りするほどです。

ただ、インクジェットプリンターメーカー純正の交換用インクではない事で、「非純正インク」を使用した場合には、メーカー保証が適用されなかったりします。
そこで、インクジェットプリンター用の交換インクの選び方です。

スポンサーリンク

インクジェットプリンターの交換用インクの違い

メーカー純正インクの場合

交換用インク自体の品質に関しては、当たり前ですがプリンターメーカー「純正インク」が一番問題が無い品質です。

インクジェットプリンターのインクが切れた場合に、プリンターメーカーは純正インクへの交換のみを推奨しています。
推奨していると言うよりは、それ以外の交換インクを使用した場合の不具合・故障に対してはメーカー保証はありません。

プリンターメーカーは、プリンター本体の価格を安く販売し普及させて、その後インク代で利益を上げるビジネスモデルになっているのが理由です。

インクジェットプリンター本体が安く入手出来るのは、この様な理由があるからで、この交換用「純正インク」を使用せず本体が故障した場合の修理費用までは負担するわけがないです。

また、プリンター本体の故障に至った原因(プリントヘッドの詰まりなど)が「非純正インク」を使用した場合などは、有償修理すらしてくれない場合もあります。

メーカー純正の交換用インクを使用してプリンターが故障した場合、プリンター本体が保証期間内の修理は無料でしてもらえる安心感があります。
故障個所によっては有償の場合もあります。
有償修理の場合、大体10,000~15,000円程度が多いです。

プリンターメーカー「純正インク」を使用する事で、プリンター本体の故障などのリスクに対する安心感はあります。

ただし、そのプリンターメーカー「純正インク」はどうしても販売価格が高いので、頻繁にインクジェットプリンターで印刷をする場合には、純正インク代分の印刷コストが気になります。

互換用インクの場合

互換インク
画像引用:インク革命.com

「互換インク」とプリンターメーカーの「純正インク」の一番の違いは、充填されているインクの品質とインクが入っているカートリッジがプリンターメーカーの互換タイプな事です。

「互換インク」を販売しているメーカーによって品質にバラツキがあり、以前までなら粗悪品が販売されたりしており、「互換インクをインクジェットプリンターにセットしたらプリンターが認識しなかった!」や「数回印刷しただけでプリントヘッドが詰まった!」などトラブルも多くみられました。

また、プリンターメーカーは自社製品への交換インクの使用は、「純正インク」のみとして、それ以外の交換用インクを使用した場合の保証はしていないです。

ただ、このインクジェットプリンター本体の保証期間は大体1年の場合が多いので、インクジェットプリンターを購入してから1年以上経つ場合には、どちらにしろ修理となれば有償修理になってしまうので、このタイミングで互換インクを使用して印刷に掛るコストを抑えるようにしてもいいです。

互換インクの最大のメリットは、何と言っても販売価格が安いことです。

特に最近では、互換インクメーカーも研究を重ねてメーカー純正インクの品質に引けを取らない品質のインクを採用している事から、交換用インクとして互換インクを利用している人も増えています。

ただし、互換インクが全て大丈夫と言う訳では無く、互換インクメーカーによっては未だに品質が悪い互換インクを販売しているところもあります。
しっかり、互換インクメーカーの評判などを参考に選定した方がいいです。

ちなみに自分が使用しているの互換インクメーカーはインク革命.comで、かなり価格も安いですが品質が良く今のところトラブルは発生していません。

インクジェットプリンターを使用していく上での大きな悩みは、ランニングコストの大部分を占める交換用インク代です。プリンターメーカーの純正インク...

特にすごいのが、この互換インクメーカーのインクを使用して、プリンター本体が故障してしまった場合のプリンター本体保証で、相当互換インクの品質に自信があるのでしょう。

ただし、今のところトラブルが起こっていないのでこのプリンター本体保証を使用した事はありませんが。

リサイクルインクの場合

リサイクルインクは、プリンターメーカー純正インクのカートリッジに新たにインクを充填した形で販売されている交換用インクです。

もちろん互換インク同様に販売価格も安いですが、一度使用した純正インクのカートリッジを再使用しているために、インクジェットプリンターのインク残量が正しく表示されないなどがあります。

それでも印刷できるプリンターもありますが、インク残量が正しく検知されないので、印刷している途中から印刷文字がカスレてきたりして、そのタイミングでインク切れになった事がわかり、慌てて交換用インクを購入しないといけないなどの煩わしさがあります。

リサイクルインクメーカーの品質にもバラツキがあるので、出来れば日本製のリサイクルインクメーカーの物を使用した方がまだ安心です。

このリサイクルインクを使用したらプリンターメーカーの保証は受けられなくなるので、インクジェットプリンター本体の保証が切れたタイミングで使用する方がいいでしょう。

詰め替えインクの場合

詰め替えインクは、純正インクのカートリッジに穴を開けたりして、詰め替え用インクを充填するタイプです。

特にICチップ付きの純正インクカートリッジは、ICチップに記録された情報を初期化するためのリセッターが一緒に販売されており、何度も詰め替え用インクを充填して再使用する場合にはリセッターは必要不可欠です。

ただし、何度も純正インクカートリッジに詰め替え用インクを充填出来るわけでは無く、カートリッジ内にあるスポンジの耐久性も影響してくるので、4~5回程度でカートリッジを交換した方がいいです。

また、プリントヘッドが一体型になったインクカートリッジの場合は、プリントヘッド自体が先に壊れてしまう可能性が高いので、そうなったら結局は新しくプリンターメーカー純正インクを購入する必要があります。

詰め替え用インクという事で、自分でインクカートリッジにインクを充填する作業で、インクをこぼしたり、手にインクを付けて周りを汚してしまったりと、結構失敗する事が多いです。

また、100円ショップでも詰め替え用インクは購入できますが、品質が非常に悪いので自分は絶対にオススメしません

もちろん、この詰め替え用インクを使用した場合もプリンターメーカーの保証は受けれません。また、プリンターメーカーのカートリッジによっては、作業難易度も高くなってしまいます。

まとめ

インクジェットプリンターのインクが切れた場合、必要になってくるのが交換用のインク。
純正インク > リサイクルインク > 互換インク > 詰め替え用インクの順で販売価格が安くなっていきます。

ただし、詰め替え用インクの場合は価格も安くすみますが、作業手間が発生してしまうので、面倒なところもあります。

購入したインクジェットプリンターに保証期間が残っている状態で、互換インクを使ってそれが原因で故障が発生した場合に、そのプリンター保証をしてくれるインク革命.comの互換インクを使用するのが自分的には一番のオススメです。

最終更新日:2019/03/12

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. おつまみおっぽ より:

    エプソンのプリンターの使用で、100均一のダ×ソーのエプソン用を使用した。
    次に買いに行った時にエプソン用が売り切れだったので、キャノン用をつぎ足しで
    注入した。3日間ほど使ったらヘッドが目詰まりした。
    混ぜるな危険である。