【ロジクール K835のレビュー】お手頃価格の赤軸TKLメカニカルキーボード!

【ロジクール K835のレビュー】お手頃価格の赤軸TKLメカニカルキーボード! パソコン周辺機器

パソコン周辺機器メーカーとして有名なlogicool(ロジクール)から発売されている、テンキーレス仕様でコンパクトなロジクール「K835」有線メカニカルキーボード

メカニカルキーボードは販売価格が高いことが難点ですが、ロジクール「K835」の場合その販売価格もお手頃価格なので、メカニカルキーボードに興味がある方にとってはお試しで使ってみるのも有りかと。

このロジクール「K835」メカニカルキーボードには、2色のカラー(グラファイト・オフホワイト)が用意されていて、さらにクリック感の違う赤軸(リニア)と青軸(クリッキー)の2種類から選択できるようになっています。

今回レビューするのは、キーボードカラーがグラファイトで、スイッチ軸が赤軸(リニア)の「K835GPR」になります。

お手頃価格が魅力の赤軸テンキーレスメカニカルキーボード、ロジクール「K835GPR」のレビューです。

スポンサーリンク

ロジクール「K835GPR」赤軸テンキーレスメカニカルキーボードの特長やスペック

ロジクール「K835GPR」赤軸テンキーレスメカニカルキーボードの特徴やスペック
Logicool(ロジクール)
¥6,500 (2021/09/19 18:04:09時点 Amazon調べ-詳細)
テンキーレスでコンパクトなサイズの有線メカニカルキーボードが登場。
なめらかな打鍵感のキーはストローク音も比較的小さく、標準~速いキーストロークの方におすすめです。

まずは、ロジクール「K835GPR」赤軸テンキーレスメカニカルキーボードの特長やスペックについて。

ロジクール「K835GPR」の特長

ロジクール「K835GPR」メカニカルキーボードは、テンキーレス仕様のキーボードで横幅約355mmと非常にコンパクトな作りになっているのが特長です。

キーボード自体の奥行も約127mmとなっているので、限られたデスクスペースを有効に活用できるでしょう。

例えば、同メーカーで人気のロジクール テンキーレスゲーミングキーボード「G PRO X」と比較した場合。

K835メカニカルキーボードG PRO Xゲーミングキーボード
キーボード幅355mm361mm
キーボード奥行127mm153mm
キーボード高さ36.3mm34mm

このように、「G PRO Xゲーミングキーボード」と比べて「K835メカニカルキーボード」の方が、幅約6mm/奥行約26mmとさらにコンパクトな作りとなっています。

「K835GPR」はメカニカルキーボードなので、スイッチ軸には5,000万回の耐久性がある赤軸(リニア)が採用されています。

赤軸(リニア)相当なので、クリック感は少ないですが、打鍵感はやわらかく、クリック音も小さくタイピングしていてとても気持ちのいいスイッチ軸です。

キーボード本体がアルミ製なので、キーボード自体の剛性も高く、見た目にも質感の高いメカニカルキーボードになっています。

ゲーミング仕様では無いので、キーボードがRGB点灯する事は無いですが、Fn キー+ F12キーでWindowsキーをロック(無効化)する事も出来ます。

また、Fnキーとファンクションキーの組み合わせで、メディア機能をコントロールできるようになっています。

まさに、普段使いのキーボードとしても非常に使い勝手のいいキーボードと言えます。

ロジクール「K835GPR」のスペック

対応OSWindows
キー配列日本語配列(JP) / 88キー
テンキー無し(テンキーレス)
接続方式有線 USB2.0
大きさ幅 35.5cm×奥行 12.7cm×高さ 3.6cm
重量650g
バックライト機能無し
キースイッチメカニカル
キー軸赤軸相当(リニア)TTC製
キーストローク 4mm / 押下圧 45g
キーロールオーバー
アンチゴースト機能
マクロ機能
メディアキー有り(Fnキー同時押しで)
オンボードメモリ
キーピッチ約19mm(実測値)
キートップの大きさ約12mm(実測値)

メーカー公式サイト Logicool K835キーボード

ロジクール「K835GPR」テンキーレスメカニカルキーボードのレビュー

Logicool(ロジクール)
¥6,500 (2021/09/19 18:04:09時点 Amazon調べ-詳細)
テンキーレスでコンパクトなサイズの有線メカニカルキーボードが登場。
なめらかな打鍵感のキーはストローク音も比較的小さく、標準~速いキーストロークの方におすすめです。

それでは実際に、logicool「K835GPR」テンキーレスメカニカルキーボードの製品レビューをしていきたいと思います。

「K835GPR」のパッケージ外観

「K835GPR」のパッケージ外観

パッケージも製品の一部だと考えているので、「835GPR」のパッケージが安っぽいのはと考えていましたが、それなりのパッケージ外観をしています。

「K835GPR」のパッケージ裏面

「K835GPR」のバッケージ裏面には、このメカニカルキーボードの特長などが記載されています。

「K835GPR」の同梱物

「K835GPR」の同梱物

ロジクール「K835GPR」TKLメカニカルキーボードの同梱物ですが、キーボード本体と保証規定・保証書と非常にシンプルな構成になっていあます。

特別付属している物も無いので、パソコン本体にUSBケーブルを繋いでしまえば、すぐに使えるようになっていますね。

「K835GPR」のキートップ部の詳細アップ

「K835GPR」のキートップ部の詳細アップ

「K835GPR」のキートップ部分の詳細アップ画像になります。

よく見るとキートップの文字はシール式になっているようで、使っていくうちに擦れてしまう可能性が高いですね。

この部分がロジクール「K835GPR」の唯一と言っていいほど、残念なところでは。耐久性に関しては使いこんで確認していくしか方法が無いです。

キートップの文字がこのようになっている事でコストダウンされて、メカニカルキーボードでありながら格安販売されている部分なのかもしれないです。

少々チープさが残ってしまっていて、残念なところではありますが。

「K835GPR」の底面部分とチルトレッグ

「K835GPR」の底面部分とチルトレッグ

「K835GPR」キーボードの底面部分になります。

高級なゲーミングキーボードなどの場合、この底面部分もデザイン性という事で装飾・デザインされている事が多いですが、「K835GPR」の場合非常にシンプルな作りになっています。

底面素材はプラスチック製で、四隅部分には滑り止めが貼り付けてあります。

ロジクールK835の底面チルトレッグ

「K835GPR」メカニカルキーボードのチルトレッグは、4°と8°に2段階調整となっています。

最近のメカニカルキーボードでは、さらにもう1段階キーボードの傾き調整が出来る機種もありますが、「K835GPR」はこの2段階のみの傾き調整となっています。

「K835GPR」のメディアキー部分の詳細アップ

「K835GPR」のメディアキー部分の詳細アップ

「K835GPR」メカニカルキーボードのメディアキー(コントロール機能)は、Fnキーとの組み合わせでF1F12までに機能が割り当ててあります。

割り当て機能を編集(変更)する事は出来ませんが、必要最低限のメディアコントロールが出来るので、一般的なパソコン作業をする上では十分なのでは。

「K835GPR」スイッチ軸(赤軸)の打鍵感や打鍵音など

「K835GPR」スイッチ軸(赤軸)の打鍵感や打鍵音など

「K835GPR」のスイッチ軸は赤軸が使われているので、打鍵感はやわらかく、クリック音は割と静かな方です。

クリック音がしないというわけでは無いです。

どうしても打鍵時にクリック感が欲しいという方は、青軸相当の「K835GPB」を選択するといいです。

Logicool(ロジクール)
¥6,500 (2021/09/19 20:00:38時点 Amazon調べ-詳細)
テンキーレスでコンパクトなサイズの有線メカニカルキーボードが登場。
キーの押下感触をしっかりと感じられるこのキータイプはかちっとしたタイピング感覚と音を楽しみたい方におすすめです。

「K835GPR」のキーを底まで打ち込むさいに発生する、底打ち音は割と大きめな音がします。キーを強く押すことが多い方は、この底打ち音が気になるかもしれません。

その場合は、「静音化リングをキートップにはめて、底打ち音を軽減」させるようにするといいです。

「K835GPR」で使われている赤軸は、TTC製の赤軸(リニア)みたいです。スイッチ軸で有名なCherry MX社の赤軸やロジクール製G PRO Xの赤軸とは、多少違った感触を味わえます。

Cherry MX 赤軸K835GPR 赤軸GX REDリニア軸
アクチュエーションポイント2.0mm1.9mm
押下圧45g45g50g
キーストローク4.0mm4.0mm4.0mm
クリック音無し無し無し

「K835GPR」のメンテナンス性

「K835GPR」のメンテナンス性

「K835GPR」をサイドからみた写真になります。

メカニカルキーボードの中では、スイッチ軸の周りを囲まれている物もありますが、この「K835GPR」はスイッチ軸の周りを囲まれていない構造となっています。

普段の掃除・メンテナンスなら、スイッチ軸の横からエアーダスターでエアーを送って埃を吹き飛ばすだけ。

細かい隙間が無いので、キートップを外してメンテナンスするのも非常に簡単ですね。

「K835GPR」TKLメカニカルキーボードのメリット・デメリット

K835GPRのデメリット
  • キートップの文字が転写式シールである
  • ソフトウェアによる、キーバインドやマクロ・プロファイル設定が出来ない
  • USBケーブルを取り外せない
K835GPRのメリット
  • メカニカルキーボードの中では、お手頃価格
  • 赤軸相当の打鍵感やクリック音
  • テンキーレスでさらに奥行が少なくコンパクトな作りなので、デスク上を広く使える
  • Windowsキーのロックが出来るので、パソコン作業やPCゲームでも使いやすい
  • メンテナンスがしやすい構造

まとめ:ロジクール「K835GPR」は、コスパに優れたTKLメカニカルキーボード

Logicool(ロジクール)
¥6,500 (2021/09/19 18:04:09時点 Amazon調べ-詳細)
テンキーレスでコンパクトなサイズの有線メカニカルキーボードが登場。
なめらかな打鍵感のキーはストローク音も比較的小さく、標準~速いキーストロークの方におすすめです。

ロジクール「K835GPR」テンキーレスメカニカルキーボードは、お手頃価格のメカニカルキーボードなので、「初めてメカニカルキーボードを使ってみる」という方に強くオススメしたいメカニカルキーボードです。

Windowsキーの無効化も出来るので、PCゲームをするさいにも役立ちます。

キーボードの設定をするソフトウェアが無いので、キーへ機能の割り当てを行う事は出来ませんが、通常使用する場合なら元々設定されている機能だけでも十分なのでは。

関連記事テンキーレスキーボードのおすすめ7選!コンパクトなのでデスクが広く使える

コメント

タイトルとURLをコピーしました