Windows10でISOイメージファイルを、DVDやBRディスクに書き込む方法!

Windows10でISOイメージファイルを、DVDやBRディスクに書き込む方法! Windows情報

ディスク内のファイルやフォルダを構造ごとに保存出来るISOイメージファイル。

このISOイメージファイルをDVDやBR、CDなどのディスクに書き込む(ディスクに焼くとも言われたりします)さいは、Windows10に標準機能としてあるISOイメージファイルを書き込む機能を使えば、簡単にDVDやBR、CDに書き込む事が出来ます。

そこで、ISOイメージファイルをWindows10に元々ある「Windowsディスク書き込みツール」を使って、DVDやBR、CDに書き込む方法を解説します。

スポンサーリンク

Windows10でISOイメージファイルをDVD/BRに書き込む方法

DVDやBRに書き込みたいISOイメージファイルを選択

DVDやBRに書き込みたいISOイメージファイルを選択

Windows10のエクスプローラーで、DVDやBR、CDに書き込み(焼き)たいISOイメージファイル上でマウスの右クリックをして、コンテキストメニューを表示させます。

Windowsディスクイメージ書き込みツールを表示

ディスクイメージの書き込みを行う

表示されたコンテキストメニュー内に「ディスクイメージの書き込み」という項目があるので、クリックして「Windowsディスクイメージ書き込みツール」を表示させます。

ディスクイメージの書き込みを開始する

ディスクイメージの書き込みを開始する

書き込みたいISOイメージファイルが間違ってなければ、Windowsディスクイメージツールの「書き込み」ボタンをクリックすると、イメージファイルの書き込みが開始されます。

一般的なデータ書き込みツールの場合、書き込み速度の選択が出来たりしますが、Windowsディスクイメージツールの場合、書き込み速度の設定は出来ないです。

ディスクの書き込み速度は、自動で調整されるようです。

ディスクイメージの書き込み中

ISOイメージディスクの書き込み中は、プログレスバーの状態で進捗具合を確認出来ます。

「Windowsディスク書き込みツール」で書き込み完了画面

Windowsディスクイメージ書き込みツールで、正常にISOイメージファイルの書き込みが完了すると「ディスクイメージはディスクに正常に書き込まれました」というメッセージが表示されます。

光学ドライブからDVDやBR、CDなどのディスクが取り出された状態になるので、中身が正常か確認したい場合は、再度、光学ドライブに挿入して確認したらいいです。

ISOイメージファイルが正常に書き込まれたか確認

ISOイメージファイルが正常に書き込まれたか確認

イジェクト状態になっていたDVDやBR、CDを光学ドライブに挿入して、容量等から正常に書き込まれているか確認したらいいです。

まとめ:Windows10でISOイメージファイルをDVD/BRに書き込む方法は簡単

Windows10でISOイメージファイルをDVDやBR、CD等へ書き込む(焼く)方法は非常に簡単で、OSに標準で備わっている機能(Windowsディスクイメージ書き込みツール)を使えばいいだけです。

唯一の難点として、メディアへの書き込み速度を設定出来ない事ですが、自動で最適な書き込み速度に調整しているようなので、どうしても書き込みに失敗を繰り返してしまう場合以外は、大きな難点とも言えないでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました