液晶モニター・ディスプレイの正しい掃除方法!

液晶モニター・ディスプレイの正しい掃除方法

ノートパソコンやデスクトップPCの液晶モニター・ディスプレイは、長く使っていると静電気の影響でホコリがついてしまいます。
また、画面を見ながらの作業でくしゃみをしたりすると、その汚れがモニターに付いてしまいます。

そのホコリや汚れをついつい普通のティッシュで拭いてしまったりすると、液晶の表面に傷を付けてしまったりする結果になります。

そこで、液晶モニター・ディスプレイを掃除する正しい方法を紹介します。

スポンサーリンク

筆や専用ブラシなどで埃を刷く

先の柔らかい筆やブラシなどで、まず液晶画面に付いたホコリを刷きます。

このような静電気でホコリを吸着してくれる物で、通常の液晶モニターの掃除はいいです。

ただし、タッチパネルなどのように指紋の跡などの油汚れには、ホコリ取った後にメガネ用のクロスや液晶モニター用のクロスを使って拭き取ります。

メガネや液晶モニター用のクロスで拭き取る

液晶モニターに傷を付けてしまう原因に、ティッシュを使ってゴシゴシ拭いてしまう事が上げられます。
また、ウェットティッシュで拭いてしまうのは、さらに液晶モニター表面にコーティングされているコーティング材を溶かしたり、剥がしてしまう原因にもなります。

液晶専用のクリーニングクロスで優しく、拭いてあげるだけで指紋の汚れなどは落ちます。
絶対に液晶モニターの画面を拭くさいには、力を入れすぎないように注意して下さい。

ウェットティッシュが掃除に向かない理由

通常のウェットティッシュには、アルカリ性成分やアルコール成分を含んだ物などがあります。アルコール成分を含んだウェットティッシュで液晶モニターを拭いてしまうと、画面の表面のコーティングを傷めてしまう可能性があります。

表面のコーティングを傷めてしまったら、もう修復することは不可能なので諦めるしかありません。よく、液晶モニターを拭いてまだら模様が残ったりした場合は、表面のコーティングを傷めている可能性が高いです。

特に、液晶モニターのコーティングなどを傷める原因になる成分として

  • アルカリ性成分を含んだもの
  • アルコール成分を含んだもの
  • シンナーやベンジンなどの揮発性の強いもの
  • 研磨剤を含むもの
  • 界面活性剤を含んだもの

などが上げられます。

これらを最低含んでいない物で、液晶モニターの掃除をするようにしないといけません。

どうしても落ちない汚れは中性洗剤を含ませて拭く

どうしても落ちない液晶モニターの汚れは、クロスに中性洗剤を少量含ませてから拭きます。そして、拭いた後洗剤が乾ききらない内に新しいクロスで拭き上げてあげるといいです。

もしくは、このような液晶専用のウェットクリーニングティッシュを使ってもいいです
この商品の場合、界面活性剤を含んでいるので使用する液晶モニターの注意事項に記載が無い事を確認してから使って下さい

まとめ

液晶モニター・ディスプレイが汚れてしまった場合に、つい普通のティッシュで拭いたりしがちですが、ティッシュで拭くと逆に汚れが広がったり、ティッシュの繊維が液晶モニター表面に付いてしまったりします。

そこで、通常のホコリには専用ブラシなどを使って、その後クロスなどで優しく拭き取ってあげると液晶画面に傷を付ける事無く綺麗にする事が出来ます
どうしても汚れが酷い場合には、中性洗剤を含ませるか、液晶専用のウェットクリーニングティッシュを使う方法があります。

ただし、最後のクリーニングの仕方は画面のコーティングを傷める可能性があるので、液晶モニターの注意事項に記載が無いかを確認してから行って下さい。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする