Gmailのサインインを離れた場所からサインアウトし、Googleアカウントの安全性を高める方法!

Gmailのサインインを離れた場所からサインアウトし、Googleアカウントの安全性を高める方法!

インターネットが繋がっている環境なら、ブラウザで自宅や会社などから離れていても自分宛のメールを確認したり出来るGmail。

ついGmailを確認するのに、知人のパソコンや会社の共有のパソコンで確認してその後ログアウトを忘れてしまった場合、他の人が自分のGmailアカウントにアクセス出来る状態になっています。

そこで、Gmailにログインした状態を離れた場所からログアウトして、Googleアカウントの安全性を高める方法です。

スポンサーリンク

Gmailにサインインする

離れた場所からGmailのセッションを切断する方法

まずは、自分のGmailにアクセスする必要があります。

Gmailにサインインしたら、受信トレイの内容がブラウザに表示されている状態です。

そして、ブラウザを一番下までスクロールしたら、”アカウントアクティブティの詳細”のリンク文字が表示されます。

この、”アカウントアクティビティの詳細”のリンク文字をクリックします。

アカウントアクティビティの詳細

Gmailのアカウントアクティビティの詳細

アカウントアクティビティの詳細をクリックすると、このようなウィンドウが開きます。

最近のアクティビティとして、Gmailにアクセスしたアクセスタイプ(ブラウザ、アプリケーションなど)が表示されます。

また、ロケーション(IPアドレス)にアクセスした国とIPアドレスが表示されます。

もし、ここに違う国などが表示されている場合は、Googleアカウントのセキュリティを高める必要があります。

日時の部分に、Gmailへアクセスした日時が記録されています。

他のすべてのWebセッションからログアウト

Gmailで他のすべてのセッションからログアウトする

離れた場所でサインインしたGmailアカウントのセッションが有効になっているかもしれないので、上記画面上の”他のすべてのWebセッションからログアウト”のボタンをクリックして、今アクセスしているセッション以外をログアウト状態にします。

ボタンをクリックすると、

Gmailの他のWebセッションをログアウト状態にする

上記画像のように、”他のセッションをすべてログアウトしました。”と表示されます。

特に確認画面等が表示されませんので、ボタンをクリックしたら即、Gmailのほかのセッションをすべてログアウト状態にしてくれます。

まとめ

知人のパソコンや会社の共有パソコンを利用して、Gmailにログインした後にログアウトし忘れた場合、最悪、他人に自分のGmailを利用されてしまうかもしれません。

そこで、自分のパソコン以外でGmailにログインしたら、googleアカウントの安全性を高めるためにも”他のWebセッションをすべてログアウト”した方がいいでしょう。

セッションをログアウトしておけば、ログインしようとした場合にパスワードが求められるので自分のGmailにログインされる危険性が無くなります。

ただし、パスワードを他人が知っている状態だと意味がありませんが。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする