Windows10の無償アップグレード期間はいつまで?

Windows10の無償アップグレード期間はいつまで?

Windows10がリリースされたのが、昨年の2015年7月29日。

それから、約8ヶ月が経ちWindows10へ無償アップグレードしたさいの問題点や不満なども結構出ていますが、起動速度や操作感などは良くなっています。

そこで、まだWindows7や8.1を使っていてこれからWindows10へ無償アップグレードするのに躊躇している方が気にしておいた方がいい事。

それは、まさにWindows10へ無償アップグレードの終了期間が迫っているという事です。

スポンサーリンク

Windows10への無償アップグレード提供期間は、2016年7月28日まで

Windows7/8.1ユーザーへWindows10無償アップグレードがリリースされたのが、2015年7月29日。

参考記事 Windows10が2015年7月29日にリリースされることが決まった!

その無償アップグレード提供期間は、リリース開始から1年となっています。

2016年7月28日がWindows10無償アップグレード期間の終了日となります。

Windows10へ無償アップグレードした後に起こっている問題

個人的に使うパソコンはWindows7からWindows10へ無償アップグレードを行いましたが、そのパソコンでは大きな問題は発生しませんでした。

ちなみに、メーカー自体のWindows10への無償アップグレード対象外のノートパソコンでしたが。

参考記事 Windows10へメーカー対象外のノートPCをアップグレードしてみた!

一応メーカーが販売したパソコンをWindows10へアップグレードする場合には、メーカーサイトなどで再確認をした方がいいです。

Windows10の無償アップグレードがリリースされてから約8ヶ月(執筆時点)なので、対処方法なども掲載されていたりします。

参考記事 メーカーパソコンをWindows10にアップグレードするには注意が必要!

また、Windows10へ無償アップグレード後にブルースクリーンが発生したりする事も多く報告されていますが、その場合にはドライバなどがWindows10対応となっていない事なども多くそれらが引き金となってエラーとなりブルースクリーンを発生させている場合があります。

参考記事 Windows10へアップグレードし、ブルースクリーンが発生する場合に使いたいソフト!

Windows10無償アップグレード期間終了後にWindows10を入手したい場合

無償アップグレード対象OSのWindows7や8.1を使っているが、Windows10無償アップグレード期間を過ぎた後にWindows10を入手したい場合には、OEM版のWindows10かパッケージ版のWindows10を購入する必要があります。

まとめ

Windows7やWindows8.1の無償アップグレード対象OSからのWindows10への無償アップグレードの期限は2016年7月28日。

無償アップグレード後の不具合への対処方法やメーカーパソコンの修正パッチなども出てきているので、もし、Windows10へ無償アップグレードをしようと思っている方は無償アップグレード期限も迫ってきているので、早めのアップグレードをオススメします。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする