Windows10のスタートアップフォルダの場所(ユーザーアカウント内)

Windows10のスタートアップフォルダの場所

Windosw10起動時に自動実行させたいプログラムを登録しておくと、起動時に自動実行してくれるスタートアップフォルダ。

このスタートアップフォルダへ登録してあるプログラムやプログラムへのショートカットを削除したり、新たに登録したい場合スタートアップフォルダへアクセスしなければなりません。

そこで、Windows10のスタートアップフォルダの場所(ユーザーアカウント内)を解説します。

スポンサーリンク

Windows10のスタートアップフォルダの場所

Windows10のスタートアップフォルダの場所は、”C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup”となっています。(ユーザーアカウント内のスタートアップフォルダの場所です)

実際にエクスプローラーで辿っていくと、一部のフォルダ名がカタカナ表示されている場合があります。

”C:\ユーザー\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\スタートメニュー\プログラム\スタートアップ”

隠しフォルダ内にアクセスする

Windows10のスタートアップフォルダの場所

”C:\ユーザー\<ユーザー名>”とエクスプローラーで辿っていくと、”AppData”フォルダがデフォルトでは見つからい状態となっています。

実際には、この”AppData”フォルダは隠しフォルダとなっていますので、エクスプローラーで隠しファイルを表示させる設定をします。

Windows10のスタートアップフォルダの隠しファイルを表示

隠しファイルやフォルダを表示させるには、エクスプローラーの”表示タブ”をクリックして、”隠しファイル”のチェックボックスにチェックを入れるだけです。

そうすると、ユーザー名フォルダ直下にある”AppData”フォルダが表示されます。

Windows10のスタートアップフォルダの隠しファイルを表示

後は、この”AppData”フォルダを辿って、”\Roaming\Microsoft\Windows\スタートメニュー\プログラム\スタートアップ”の順に辿っていくとスタートアップフォルダにアクセス出来ます。

Windows10のスタートアップフォルダの場所

後はこのフォルダに自動実行させたいプログラムやプログラムのショートカットを登録しておくと、Windows10のユーザーアカウントログイン時に登録されているプログラムが自動実行されます。

逆に、このスタートアップフォルダにあるショートカットを削除したら、ユーザーアカウントログイン時に自動実行されなくなります。

ただし、この記事に記載してあるスタートアップフォルダに登録してある以外にも、全てのユーザー共通のスタートアップフォルダも存在するので、このユーザーアカウント事のスタートアップフォルダに登録されていないプログラムが自動実行される場合があります。

ユーザーアカウントのスタートアップフォルダに一発アクセスする方法

先程までは、エクスプローラーのフォルダを辿ってユーザーアカウントのスタートアップフォルダにアクセスしていましたが、このスタートアップフォルダに一発でアクセスする方法もあります。

Windows10のスタートアップフォルダに一発アクセスする方法

ユーザーアカウントのスタートアップフォルダに一発でアクセスする方法は、エクスプローラーのアドレスバーに”shell:startup”と入力するだけです。

これをアドレスバーに入力すると、隠しフォルダを表示させる設定をする事も無く一発でWindows10のユーザーアカウントにあるスタートアップフォルダにアクセス出来ます。

非常に簡単にアクセス出来ます。

まとめ

Windows10を起動して、ユーザーアカウントにログインしたさいに自動実行されるスタートアップフォルダ。

ソフトをインストールしたさいにこのスタートアップフォルダにプログラムのショートカットが登録されたりしますが、このショートカットを削除する事により、自動実行させなくする事が出来ます。

逆に毎回自分が起動させたらすぐに立ち上げるプログラム等のショートカットを登録しておくと、ひと手間省けて便利になります。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする