Windows10が2015年7月29日にリリースされることが決まった!

Windows10のリリース日

こんにちは、B-Kです。

パソコンのデスクトップのアイコン通知領域にWindowsアイコンが表示されていたので、クリックしてみたらWindows10の予約windowが開き、そこで、Windows10のリリース日が判明しました。

そこで、Windows10を予約をクリックしたらどうなったのかも含めて解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

Windows10のリリース日は、2015年7月29日

色々な方が気にしていたWindows10のリリース日が発表されました。

http://www.microsoft.com/ja-jp/windows/features

タスクバーにWindowsアイコンが表示されていたので、気付いたのですが、今年の夏頃にリリースされる予定までは知っていたのですが、具体的にMicrosoftのサイトで発表されているので間違いないでしょう。

Windows10を予約

筆者がメインで利用しているのが、Windows7になるので、Windows10発表から1年間の無料アップグレード対象OSになります。

こんにちはB-Kです。 去る2015年1月13日(米国時間)にMicrosoftよりアナウンスされた、Windows7のメイン...

Windows10予約アイコン

タスクバーに表示されていたWindowsアイコンをクリックしたら、「Windows10を予約」とウィンドウに表示されました。

Windows10予約ウィンドウ

Windows10アップグレードの手順

無料アップグレードの手順が表示されています。

1.予約

「今すぐwindows10への無料アップグレードを予約しましょう。」の記述の下に、無料アップグレードの予約ボタンがあります

Windows10へ無料アップデートをしたいなら、このボタンを押して次に進みましょう。

2.インストール

「お使いのデバイスにWindows10がダウンロードされたら、通知が送られてきます。」との表記があります。

リリース日以降、実際にアップデート出来る状態になっても直ぐにアップデートするよりも、他の人の不具合報告等を待ってからアップデートしたほうが無難かもしれません。

3.楽しむ

「インストールが完了したらWindows10を体験して下さい」の表記があります。

無料アップグレードの予約をしてみる

Windows10の無料アップグレードの予約

無料アップグレードの予約ボタンをクリックしてみると、上記画面が表示されました。

「アップグレードが予約されています」

「7月29日に利用可能になると、ご使用のデバイスにWindows10がダウンロードされます。インストールの準備が整った時点でお知らせします。すぐにインストールすることもできますし、都合の良い時を選択することもできます。」と表記されたWindowが表示されました。

確認メールを受信するためのメールアドレス入力欄があるので、ここに登録しておけば、メールでもインストール可能になった通知をしてくれるのでしょう。

Windows10にアップグレードするシステム要件

Microsftのサイト上で、Windows10に関する仕様が公開されています。

そこで、Windows10にアップグレードするためのシステム要件を見てみました。

  • 最新の更新プログラムとして、Windows7 Service Pack1(SP1)または、Windows8.1 Updateが動作していることを確認。
  • プロセッサ:1GHz以上のプロセッサまたはSoC
  • メモリ:32ビット版では1GB、64ビット版では2GB
  • ハードディスクの空き領域:32ビット版OSでは16GB、64ビット版OSでは20GB
  • グラフィックカード:DirectX9以上(WDDM1.0ドライバー)
  • デイスプレイ(画面解像度):1,024×600

を最低システム要件としています。

まとめ

Windows10のリリースが2015年7月29日。

執筆時点から約2ヶ月後にリリースされる予定となっています。

しかし、リリース後すぐにWindows10へアップグレードするとインストールされたソフトウェアの動作不良などの不具合が必ずあるでしょう。

急いで使いたい方以外は、リリース1ヶ月以上たってから不具合報告の修正パッチの提供が行われだしてからアップグレードする方が賢明ではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする