インクジェットプリンターの「染料インク」と「顔料インク」の違い?

インクジェットプリンターの染料インクと顔料インクの違い

家庭や職場などで書類や写真などを印刷しようと思えば、真っ先にインクジェットプリンターを使って印刷をすると思います。

そのインクジェットプリンターで使用されているインクには、「染料インク」と「顔料インク」の2種類があり、ほぼどちらかのインクを使ってインクジェットプリンターは印刷します。(中にはどちらも使うタイプもありますが)

しかし、この何気に使っているインクジェットプリンターを購入する時に「染料インク」を使ったタイプなのか、「顔料インク」を使ったタイプなのかによっていざ印刷した時に印刷物の出来映えが変わってきます。

そこで、そもそもこの「染料インク」と「顔料インク」の違いを解説します。

スポンサーリンク

染料インクと顔料インクの違い

「染料」「顔料」どちらのインクも、インクジェットプリンターのプリンターヘッド部分のノズルからインクを出して、用紙に着色し色表現するという仕組みは同じです。

しかし、「染料インク」を使用したプリンターは、「染料インク」が用紙に染み込ませて色を表現させているのに対し、「顔料インク」を使用したプリンターは、「顔料インク」が用紙表面に付着して色を表現しています。

インクジェットプリンターで使用されているインク特性の違いによって、出来上がる印刷物に違いが出てきます。

染料インク

染料インクは、色材が水分中に溶け込んでおり、用紙に染み込みませて色を表現出来ます。

染料インクが用紙に染み込みやすい性質から、何重にもインクを重ねて色を表現させると目的の場所以外にも滲んでしまう問題もあります。

また、耐水性や耐候性の問題もありますが、色材が水分中に溶け込んでいるので、長期的に使用する上で問題となるプリンターヘッドのノズル詰まりにも強いのが特長の一つとなります。

印刷する用紙に浸透させて色を表現させる事から、光沢紙へ印刷する場合などにはその用紙の質感が生かされて、光沢感のある写真の印刷にも向いています。

また、インクを浸透させて色表現を行うので、表現したい色を諧調豊かに印刷表現できます。

これらの理由から染料インクが主流として使用されています。

染料インクは、印刷をして用紙にインクが馴染むのに時間が必要で、印刷をしたその時と翌日では見た目の色が変わって見える事があります。

顔料インク

顔料インクは、色材が粒子の状態でインク内に存在しており、用紙の表面にそのインクが付着し色を表現しています。

また、顔料インクはインクが用紙に染み込みにくいという特性を持っており、インクが用紙へ付着したさい、インクがその周りに広がりにくくよりくっきりとした印刷が可能です。

顔料インクは、用紙の表面に着色するので、あまり透明性が有りませんが耐水性があり滲みにくく、紫外線などへの耐候性もあるので変色・褪色しにくいという特性があり、長期保存目的の印刷物などに適しています。

また、インクの乾きやすさでは顔料インクの方が早く乾くので、印刷後インクが乾くのを待つ時間を気にする必要は無いです。

書類の印刷に適したインクは?

書類の印刷に向いたインクは?

書類の印刷を考えた時に、その印刷物が長期的に保存すべき印刷物かどうかで考えるべきで、長期保存の書類などの場合は、顔料インクの方が向いています

一般的な資料などのような印刷物であれば、染料インクでの印刷でもいいですが、印刷する用紙に逆に気を配る必要があります。

価格の安いコピー用紙などの場合、紙の厚さが薄いので染料インクの場合、印刷した後の文字や線の滲みが気になる場合があります。

写真の印刷に適したインクは?

写真印刷の場合は、光沢紙やフォト用紙などの用紙に印刷をする事が多いはずなので、この場合は、表現したい色を諧調豊かに印刷表現出来る染料インクの方が向いています

ただし、この場合にも印刷する用紙の質には気を配る必要があり、一般的に格安で売られているようなコピー用紙などに写真印刷しようとすると、明らかに滲みが気になってしまいます。

年賀状印刷に適したインクは?

特に1年の中で、家庭でインクジェットプリンターを使って印刷をする機会が一番多いのが年賀状作成のシーズンである12月ではないでしょうか。

年賀状の種類にもインクジェットプリンター用の年賀状が販売されており、それを購入して家族写真や文言などを入れて新年の挨拶代わりに年賀状を出す方も多いと思います。

その年賀状印刷に適したインクは、染料インクと顔料インクのどちらでしょうか。

染料インク=写真印刷、顔料インク=文字印刷というような流れですのが、インクジェットプリンター用の年賀状に染料インクと顔料インクで印刷してみると、染料インクの方がやはり色鮮やかに印刷され、顔料インクの方が色濃く印刷されます

では、インクジェットプリンター用の年賀状には、染料インクで印刷した方がいいのかというとちょっと違ってきます。

染料インクの特性で、耐水性が弱いという事を思い出して下さい。

そして、年賀状は相手に送る物で配達途中で雨が降ったり、郵便局で仕分けられるさいに手で触れる可能性があります。

あくまでこれは個人的な部分ですが、インクジェットプリンター用の年賀状印刷に向いたのは顔料インクかもしれません

まとめ

インクジェットプリンターで使われるインクには「染料インク」と「顔料インク」があります。

写真印刷向きなのが「染料インク」で、書類などの文字印刷に向いているのが「顔料インク」です。

ただし、印刷する用紙によっては、インクの特長を生かせない事があるので、印刷物次第では用紙の質にも気を配る必要があります。

また、染料インクを使ったプリンターに顔料インクを使うとかは出来ないので、インクジェットプリンターを購入するさいには、どのような印刷目的でインクジェットプリンターを使用するのかを考えて、インクジェットプリンターを購入するヒントにするといいです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする