「ASUS ROG STRIX B250I GAMING」 自作PC用Mini-ITXマザーボードのレビュー!

ASUS ROG STRIX B250I GAMING」 自作PC用Mini-ITXマザー

PCパーツメーカーのASUSから発売されている、PCゲーム向けマザーボードでMini-ITXフォームファクターの「ROG STRIX B250I GAMING」。

Mini-ITXフォームファクターということで、小型PCでケーム用PCを組むことが出来ます。

小さいマザーボードですがWi-Fi/Bluetooth4.1も搭載しており、さらに、M.2接続用ソケットも2基あります。

拡張性という面では、Mini-ITXフォームファクターという事もあり難しいですが、それ以上に色々な機能が詰め込まれた自作PC用のマザーボードです。

そんな、「ASUS ROG STRIX B250I GAMING」自作PC用Mini-ITXマザーボードのレビューです。

スポンサーリンク

ASUS ROG STRIX B250I GAMINGマザーボード

スペック

製品名 ROG STRIX B250I GAMING
メーカー公式サイト https://www.asus.com/jp/Motherboards/ROG-STRIX-B250I-GAMING/
チップセット Intel B250
ソケット Intel Socket 1151
対応CPU 7・6世代 Generation Core™ i7/i5/i3/Pentium/Celeron
対応メモリ DDR4 2400/2133MHz(PC4-19200/17000)ECC and Non-ECC, Un-buffered × 2スロット 最大32GB
グラフィック機能 Intel HD Graphics HDMI1.4bx1、DisplayPort1.2×1
HDMI 最大解像度 4096×2160 @24Hz
DisplayPort 最大解像度 4096x2304 @60Hz
拡張スロット PCIe 3.0/2.0 x1 (x16 mode) 1スロット
ストレージ機能 M.2 Socket3(keyM)2242/2260/2280 SATA&PCIE 両対応 1スロット
M.2 Socket3(keyM)2242/2260/2280 PCIE3.0x4 1スロット(マザーボード裏面)
SATA 6Gb/s 4ポート
LAN機能 Intel I219-V Gigabit LAN 1ポート
無線機能 Wi-Fi IEEE802.11ac/n/a/g/b  外付けアンテナ付属
Bluetooth機能 Bluetooth 4.1
※Windows8.1/7では、Bluetooth4.0で動作
オーディオ機能 ROG SupremeFX 8-Channel High Definition Audio CODEC S1220A
USB機能 リアパネル側 USB3.1(Gen1)×4、USB2.0×2
マザーボード上 USB3.1(Gen1)×2
ROGシリーズ独自搭載機能 ROG RAMCacheⅡ
ROG CPU-Z
ROG CloneDrive
ROG Aura
Overwolf
GameFirst Ⅳ
独自搭載機能 Gamer’s Guardian
ASUS EPU
AURA
ASUS Exclusive Features
ASUS Quiet Thermal Solution
ASUS EZ DIY
ASUS Q-Design

パッケージケース・付属品

ASU STRIX B250I GAMINGのケース

ASU 「ROG STRIX B250I GAMING」マザーボードのケースです。

マザーボード自体が、Mini-ITXサイズなのでATXやmicroATXのマザーボードのパッケージケースと比べてもだいぶ小さいです。

ただし、付属品などの関係でしょうが他のマザーボード規格サイズのパッケージケースより厚みはあります。

ASU-STRIX/B250I/GAMINGの箱の中身

パッケージは2段になっており、上段には「ROG STRIX B250I GAMING」マザーボード本体。

ROG STRIX B250I GAMINGのパッケージ内容

下段には、付属品のドライバーDVDや外付けWi-Fi/Bluetoothアンテナ、SerialATAケーブル2本、バックパネル、M.2SSD固定ネジ2セット、日本語マニュアル、STRIXのシールなど。

ROG STRIX B250I GAMINGマザーボード本体

ASUS ROG STRIX B250I GAMING」 自作PC用Mini-ITXマザー

Mini-ITX規格サイズが170mm×170mmのサイズなので、かなり小さいマザーボード本体です。

拡張スロットは1つで、メモリスロットは2つとなっています。

ただし、この「ROG STRIX B250I GAMING」には、M.2 SSDソケットが2つあるのが特長です。

また、最初からWi-Fi IEEE802.11ac/n/a/g/bが使えて、Bluetoothe4.1も内蔵されている点も特徴です。

バックパネルの質

バックパネルの質

何気にバックパネルの質がいいです。クッション材が取り付けてあります。

通常マザーボードに付属しているバックパネルは、このクッション材が無くパネルのみな状態の物が多いです。

M.2 ソケットの場所

1つは、PCH チップの冷却用とM.2SSD用のヒートシンクが一体になった、Double-decker heatsink部分に取り付けます。

もう1つのM.2SSDソケットは、マザーボード裏面にあります。

ROG STRIX B250I GAMINGマザーボード裏のm.2ssdソケット

裏面のM.2部分にM.2 SSDを取り付ける場合は、冷却方法などの工夫が必要になってきそうです。

Double-decker heatsink部分へM.2 SSDの取り付け

Double-decker heatsink部分

「ROG STRIX B250I GAMING」の目玉機能の一つである、Double-decker heatsinkにあるM.2 SSDを取り付けてみます。

Double-decker heatsinkのヒートシンクを取り外すと、ヒートシンク裏面には熱伝導シートが貼り付けてあります。この部分と、M.2 SSDのチップ部分を接触させてヒートシンクに熱を伝えて冷却させる構造のようです。

ただし、この最初から貼り付けてある熱伝導シートの幅が小さいです。

M.2 SSDの長さは、30mm、42mm、60mm、80mmなどがあり、今現在、M.2 SSD市場で一番売れているサイズは、M.2 Type 2280で長さ80mmのタイプです。

この初期状態の熱伝導シートをそのままM.2 SSD Type2280に付けると、若干長さが足らないです。

チップのコントローラー部分は完全に熱伝導シートの覆われますが、記憶モジュールの一部分は熱伝導シートに覆われていない状態なので、ヒートシンクと接触している状態では無いです。

ただし、M.2 SSDの製品によってはチップ部分に貼ってあるメーカーの製品シールが放熱の役目を兼ねている物もあるので、そこは見極めが必要です。

今回は、Samsung SSD 250GB 960 EVO M.2 Type2280を取り付けてみます。

Samsung SSD 250GB 960 EVO M.2 Type2280の取り付け

M.2のSSDを取り付ける前に該当するサイズのM.2ネジ受けをマザーボード上に取り付けておく事を忘れないように。マニュアルにしっかりと書いてありますが、自分は最初忘れていました。

あとは、Double-decker heatsinkを取り付けてネジ止めしてM.2 SSDの接続完了です。

かなり簡単ですが、M.2の発熱をどれだけ放熱してくれるかだけが心配です。

Double-decker heatsinkの冷却性能

Double-decker heatsinkの冷却性能

Double-decker heatsinkの冷却性能を測るために、CrystalDiskMarkでM.2 SSDに負荷を掛けてみました。

SSDやHDD、その他接続されているストレージデバイスのデータ転送速度のベンチマークソフトが「CrystalDiskMark」です。...

最終処理時に、CrystalDiskinfoでM.2 SSDの温度を見てみたら44℃でした。

パソコンのハードディスクが突然壊れたら、そこに保存してあった思い出の写真や大事な書類等一瞬にして。。。 そんなパソコンのハード...

マザーボードを設置するPCケースなどの冷却性にも影響を受けると思いますが、PCケースフロントからの冷却ファンのエアーだけの冷却です。

Double-decker heatsinkの冷却性

CrystalDiskMarkが処理を終了してから1分後位のM.2 SSDの温度は35℃を表示しています。

1分程度で一気に9℃程、M.2 SSDの温度が低下しました。

通常使用時(室温20℃程度)で、大体35~37℃位の温度なので一定の冷却性能は期待出来そうです。

拡張スロットの強化部分

ROG STRIX B250I の拡張スロット

「ROG STRIX B250I GAMING」は、ゲーマー向けのマザーボードになっているのでグラフィックボードを通常の使用よりも頻繁に取り換える前提として、スロット部分に金属が使用されて耐久性が強化されています。

グラフィックボードの抜き差し時の負荷、グラフィックボード本体そのものの重量による負荷を考えてあります。

Q-LEDでセルフチェック異常時の告知

本来なら、マザーボードが上手く正常起動しない時にはオンボード用のスピーカーを付けてビープ音でCPUやメモリ、VGAなどの異常を発見しないといけません。

そのビープ音で異常状態のチェックが、「ROG STRIX B250I GAMING」のメモリソケット側にあるLEDランプの点灯で確認が出来ます。

電源ONで各色が点灯していき、異常が無ければ全てのLEDランプが消灯します。

  1. 赤色LED = CPU
  2. 黄色LED = メモリ
  3. 白色LED = グラフィックボード
  4. 黄緑色LED = Bootデバイス

の順にチェック(LEDが点灯後問題無ければ消灯)していきます。

AURAでマザーボードのLEDが発光

ROG STRIX B250I GAMING LED発光

「ROG STRIX B250I GAMING」には、イルミネーション機能のAURAが搭載されています。

LEDが様々なパターンで発光してPCケース内を彩ってくれます。

今までの様々なパターンでLEDの点灯のさせかたを変える事が出来るのですが、最初はこの機能はいらないと思っていましたが、実際に点灯させてみるとLED単色で光っているわけでは無いのでなかなか面白いです。

ASUS AURA

AURAの設定によってLEDの発光パターンを変える事が出来ますが、自分は音楽に合わせて様々な色に変わるタイプが好みでした。

また、最初AURAで設定しないとパソコンをシャットダウンしても、マザーボードのイルミネーションが点灯したままだったので、AURAで消灯状態になるように設定を変えました。

ROG STRIX B250I GAMING LED発光

橙色に光っているのは、マザーボード上の通電ランプです。

ちょっとこのLEDイルミネーション機能にはまって、PCケース内をLEDテープで装飾したくなってきそうです。

もちろん、「ROG STRIX B250I GAMING」のマザーボード上にはRGBヘッダーピンが付いており、RGB延長ケーブルも付属しています。

まとめ

第7世代/第6世代のGeneration Core™ i7/i5/i3/Pentium/Celeron CPUに対応したソケットLGA1151でチップセットIntel B250を搭載したMini-ITXフォームファクターの「ASUS ROG STRIX B250I GAMING」。

PCゲームや動画編集用のWindowsパソコンなどを小型PCケースで自作することが出来るマザーボードです。

M.2ソケットを2つ搭載してり、また、Wi-Fi・Bluetoothも搭載されています。

拡張性はグラフィックボードを1つ装着する事しか出来ませんが、Mini-ITXマザーボードに色々な機能を詰め込まれ、さらに実売価格15,000円前後(2017年10月時点)で入手出来るコスパにも優れた高機能の非常に面白いMini-ITXマザーボードです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする