ASUS ROG STRIX Z490-G GAMING (WI-FI)第10世代Intel CPU用マザーボードのレビュー!

ASUS ROG STRIX Z490-G GAMING (WI-FI)第10世代Intel CPU用マザーボードのレビュー! 自作パソコン
スポンサーリンク

2020年5月27日にIntelから第10世代CPUが発売されましたが、それに伴い第10世代CPU用マザーボードが各社から販売されました。

特に最初販売されるチップセットはオーバークロック可能モデルが多く、第10世代Intel用だとZ490チップセットを搭載したモデルになります。

そのマザーボードメーカーの中でも、ASUS製「ROG STRIX Z490-G GAMING (WI-FI)」を実際に購入したので、早速そのレビューをしてみたいと思います。販売されるフォームファクタではATXマザーが多いですが、MicroATXマザータイプになります。

スポンサーリンク

ASUS製「ROG STRIX Z490-G GAMING (WI-FI)」のレビュー

ASUSTek
¥28,867 (2020/10/21 01:26:38時点 Amazon調べ-詳細)
ROG Strix Z490-G Gaming (Wi-Fi) マザーボードは、最新の第10世代インテル® Core™ プロセッサーを最大限に活用するために、電力供給、最適化された冷却設計、直感的な ROG ソフトウェアを搭載しています。
フォームファクタ:Micro-ATX

「ROG STRIX Z490-G GAMING (WI-FI)」の特長

「ROG Strix Z490-G Gaming (Wi-Fi) 」マザーボードは、最新の第10世代インテル® Core™ プロセッサーを最大限に活用するために、電力供給・冷却性能、直感的に操作出来るROGソフトウェアを搭載しています。

マザーボードの性能だけではなく、サイバーパンクにインスパイアされたデザインと鏡面ステンレス調のStrixネームプレート、接続されたAura Sync対応のアドレサブルLEDを制御同期出来るので、見た目にもこだわったマザーボードと言えます。

マザーボードのスペック

製品名 ROG STRIX Z490-G GAMING(WI-fI)
メーカー公式サイト https://www.asus.com/jp/Motherboards/ROG-Strix-Z490-G-Gaming-Wi-Fi/
チップセット Intel Z490
ソケット Intel Socket 1200
対応CPU 10世代 Generation Core™ i9 / i7 / i5 / i3 / Pentium Gold / Celeron
対応メモリ DDR4 4600(O.C) / 4500(O.C)/ 4400(O.C) / 4266(O.C) / 4133(O.C) / 4000(O.C) / 3866(O.C) / 3733(O.C) / 3600(O.C) / 3466(O.C) / 3400(O.C) / 3333(O.C) / 3200(O.C) / 3000(O.C) / 2933(O.C) / 2800(O.C) / 2666 / 2400 / 2133 MHz ECC and Non-ECC, Un-buffered × 4スロット 最大128GB
グラフィック機能 Intel HD Graphics HDMI1.4×1、DisplayPort1.4×1
HDMI 最大解像度 4096×2160 @24Hz
DisplayPort 最大解像度 4096x2304 @60Hz
拡張スロット 1× PCIe 3.0×16 スロット
1× PCIe 3.0×4 スロット(×16スロット形状 : SATA6G_5/6ポート使用時は×2で動作)
1× PCIe 3.0×1 スロット
ストレージ機能 M.2 スロット (M.2_1、Key M、type 2242/2260/2280/22110 SSD対応、M.2ヒートシンク付き(取り外し可能)、PCIe Gen3×4(32Gb/s)接続をサポート)
M.2 スロット (M.2_2、Key M、type 2242/2260/2280 SSD対応、SATA(6Gb/s)もしくはPCIe Gen3×4(32Gb/s)いずれかの接続をサポート : SATA接続時はSATA6G_2ポートと排他仕様あり)
SATA 6Gb/s 6ポート
LAN機能 I225-V 2.5Gb Ethernet 1ポート
無線機能 Intel® Wi-Fi 6 AX201(IEEE 802.11 a/b/g/n/ac/ax)
1024QAM / OFDMA / MU-MIMO対応 外付けアンテナ付属
Bluetooth機能 Bluetooth 5.1
オーディオ機能 ROG SupremeFX S1220A (Realtek) 8CH HD Audio
USB機能
(リアパネル側)
USB3.2 Gen2 Type-C ×1 / USB3.2 Gen2 Type-A ×1 / USB3.2 Gen1 Type-A ×4 / USB2.0 Type-A ×2
USB機能
(マザーボード上)
USB3.2 Gen2 Type-C ×1 / USB3.2 Gen2 Type-A ×2 / USB2.0 Type-A ×4
ROGシリーズ独自搭載機能 ROG RAMCache III
ROG CPU-Z
GameFirst VI
Sonic Studio III + Sonic Studio Virtual Mixer
Sonic Radar III
DTS® Sound Unbound
Overwolf
Anti-virus software
独自搭載機能 Armoury Crate(Aura Creator/Aura Sync)
AI Suite 3
TPU
EPU
Digi+ VRM
Xpert 4
Turbo app
AI Charger
WinRAR
UEFI BIOS
AI Overclocking Guide
ASUS EZ DIY
FlexKey

ケース・パッケージ・同梱物

ROG STRIX Z490-G GAMING(WI-fI)のケース・パッケージ・同梱物

「ROG STRIX Z490-G GAMING(WI-fI)」の入っているケースは、黒と赤を基調としたROGブランドカラーになっています。

ケースだけでもカッコイイですね。

ROG STRIX Z490-G GAMING(WI-fI)

「ROG STRIX Z490-G GAMING(WI-fI)」のケースを開けると、上段にはマザーボード本体とケーブル類、下段にはドライバDVDや付属のROGステッカーなども同梱しています。

同梱物

 

  • マニュアル
  • サポートDVD
  • SATA 6Gb/s ケーブル ×4(片方L型×2、両方I型×2)
  • 外付け用Wi-Fiアンテナ
  • RGB LEDストリップ延長ケーブル
  • アドレサブルヘッダー延長ケーブル
  • ROG STRIXステッカー
  • M.2固定用ネジセット×2
  • 2-in-1 ラバーパッド
  • ケーブルタイ

 

ROG STRIX Z490-G GAMING(WI-fI)の細部画像

CPUソケット部

CPUソケット部

Intel第10世代CPUが搭載出来る400シリーズのCPUソケットは、LGA1200になっているので前世代迄のCPU形状と互換性はありません。

ソケットにCPUをはめ込むさいに、ソケット側のピンを折ってしまわないよう注意して下さい。

cpuソケットにCPUを組み込む

当然、形状が違うのでCPUソケットに、Intel第10世代CPU以外ははめ込む事は出来ないです。

CPUソケット部周辺

ROG STRIX Z490-G GAMING(WI-fI)のCPU取り付け部

「ROG STRIX Z490-G GAMING(WI-fI)」のCPUソケット部周辺の画像です。左側と上部には、VRMヒートシンクが目立つよう存在しています。

特にZ490チップセットを搭載したマザーボードの場合、一緒に使われるCPUがオーバークロックが出来るCPU(K付き)だったり、コア数の多いCPU、メモリ自体をオーバークロックして使用する事が多いので、このVRM周辺が高温になりがちです。

そこで、このVRMヒートシンクの下には、サーマルパッドが貼られたチョークコイル等がありこれらが冷却効果を高めて、安定的にCPU等へ電力を供給する仕組みになっています。

ROG STRIX Z490-G GAMING(WI-fI)上部のVRMヒートシンク

CPUソケット上部を見ると全てヒートシンクで覆われており、いかに放熱させて冷却効果を高めようとしているかが分かります。

ROG STRIX Z490-G GAMING(WI-fI)VRMヒートシンク

CPUソケット左側も同様に、ヒートシンクで覆われています。また、ROGロゴとSTRIXのネームプレートが刻印されたプレマウンテッドI/Oシールドは、ステンレススチール製でI/Oパネルと一体になっています。

I/Oパネルと一体型になっているので、マザーボードをPCケースに装着する時も簡単に出来るようになっています。このROGロゴとSTRIXの部分はLED発光し、AURA Syncでその光り方を制御出来ます。

I/Oパネル(バックパネル)部分

ROG STRIX Z490-G GAMING(WI-fI)のI/Oパネル

「ROG STRIX Z490-G GAMING(WI-fI)」のI/Oパネル(バックパネル)部分の画像です。

バックパネルのポート類
  • DisplayPort 1.4 × 1
  • HDMI 1.4b × 1
  • USB3.2 Gen2 Type-C ×1
  • USB3.2 Gen2 Type-A ×1
  • USB3.2 Gen1 Type-A ×4
  • USB2.0 Type-A ×2
  • Wi-Fi アンテナ コネクタ × 2
  • USB BIOS FlashBack ボタン × 1
  • 2.5Gigabit LAN (RJ45) ポート (intel I225-V) × 1
  • 光デジタルS/PDIF出力 × 1
  • オーディオジャック × 5

これだけ豊富なポート類が揃っているので、そうそう困る事は無いのでは。特に、USB BIOS FlashBackボタンは、後々のBIOSアップデート時にマザーボードにCPU・メモリを装着しなくても出来るようになっています。

もし、後々のBIOSアップデートで失敗した時でも、USBにBIOSファームウェアを保存しておき、USB BIOS FlashBackボタンでBIOSアップデートが出来るのは、非常に嬉しい機能と言えます。

メモリスロット

メモリスロットは、DDR4 OC時4600MHz 最大32GB×4スロットで合計最大128GBになっています。最近多い、片側ラッチタイプのメモリスロットです。

CPU電源コネクタ

CPUをオーバークロックしたり出来るようになっているため、「ROG STRIX Z490-G GAMING(WI-fI)」のCPU電源コネクタは、EPS 12V(8ピン)+EPS 12V(4ピン)になっています。

また、コネクタ部分がPROCOOLⅡという金属製のアーマーが備えられて、熱放散を改善するようになっています。

ちなみに、「ROG STRIX Z490-G GAMING(WI-fI)」使用当初EPS 12V(8ピン)だけに接続して使っていましたが、1度だけOS自体がフリーズする現象が出たので、EPS 12V(8ピン)+EPS 12V(4ピン)接続にしてからはそのような事は起きていません。

ちなみに、「ROG STRIX Z490-G GAMING(WI-fI)」使用当初EPS 12V(8ピン)だけに接続して使っていましたが、1度だけOS自体がフリーズする現象が出たので、EPS 12V(8ピン)+EPS 12V(4ピン)接続にしてからはそのような事は起きていません。

チップセット部周辺

「ROG STRIX Z490-G GAMING(WI-fI)」のチップセット周辺

チップセット部分には、サイバーパンクにインスパイアされたデザインのヒートシンクを搭載しています。

M.2 ソケット周辺

M.2 ソケット周辺

M.2ソケット周辺画像です。一応、M.2ソケットは2つ備えていますが、1つだけヒートシンクを標準装備しています。

このM.2 SSDを装着する場所は、PCIeソケットの下側になるので冷却効果が少し心配です(通常、グラフィックボードをこのPCIeソケットに挿す事が多いので)。

通常のグラフィックボードなら冷却用のファンからのエアフローでM.2のヒートシンクも冷却出来ますが、もし、後方排気用のグラフィックボードを使った時は、このような冷却効果を期待出来なさそうです。

「ROG STRIX Z490-G GAMING(WI-fI)」のM.2ソケット

また、もう片方のM.2ソケット部分にSSDを挿して使用するさいには、別途ヒートシンクを用意する必要があります。しかし、一番上段のPCIeソケットにグラフィックボードを挿すと、使用するヒートシンクの厚みを考えないといけないです。

グラフィックボードを使用していると、M.2ソケットのSSD交換をするさいには、一々グラフィックボードを外す必要が出てくるので、個人的にはM.2ソケットを設置する場所を考えて欲しかったです。

「ROG STRIX Z490-G GAMING(WI-fI)」にM.2 NVME SSDを取り付け

実際にM.2 NVME SSD(Sumsung 970 EVO Plus 1TB)を取り付けてSSDの温度を見てみましたが、グラフィックボードを取り付ける前はアイドル時約50℃でしたが、グラフィックボードを取り付けるとアイドル時約45℃に低下しました。

ASUS製Z490マザーボードのUEFI BIOS設定

ASUS製Z490マザーボードのUEFI BIOS設定で、ASUS MultiCore Enhancementはデフォルト状態で「AUTO – Let’s BIOS Optimize」の状態になっています。

Intel Z490チップセット搭載のマザーボードを使用していて、CPUの冷却性能に不安があるなら、ASUS MultiCore Enhancementの項目をDisabledにして運用するといいです。

まとめ

ASUSTek
¥28,867 (2020/10/21 01:26:38時点 Amazon調べ-詳細)
ROG Strix Z490-G Gaming (Wi-Fi) マザーボードは、最新の第10世代インテル® Core™ プロセッサーを最大限に活用するために、電力供給、最適化された冷却設計、直感的な ROG ソフトウェアを搭載しています。
フォームファクタ:Micro-ATX

Intelの第10世代CPU対応のそのマザーボードメーカーの中でも、ASUS製「ROG STRIX Z490-G GAMING (WI-FI)」を実際に購入したので、早速そのレビューをしてみたいと思います。販売されるフォームファクタではATXマザーが多いですが、MicroATXマザータイプになります。を実際に購入したので、今回、早速そのレビューをしてみました。

現時点では、フォームファクタがMicroATXのマザーボードはあまり数が少ないので、選択肢は多くありませんが、Z490チップセットを搭載したASUS製「ROG STRIX Z490-G GAMING (WI-FI)」は、その仕様上耐久性も高そうなので長く使っていけそうです。

CPUやメモリのオーバークロックも出来るマザーボードなので、Corei9やi7のCPUならK付き(オーバークロック対応)以外でもメモリのオーバークロックが出来るので、その価値はありそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました