「ASUS PH GTX1050Ti 4G」 補助電源不要で省電力なグラフィックボードのレビュー!

PH-GTX 1050ti-4Gのレビュー

NVIDIAのPascalアーキテクチャのゲーミングエントリーモデルのグラフィックコアである「GTX1050Ti」。

そのグラフィックスコアを搭載した、ASUSの「PH-GTX1050TI-4G」。

購入者の評価も非常に高く、省電力設計となっており補助電源を必要としないので、導入にあたり他のグラフィックボードと比べて敷居が低いのも特長です。

そんな、ASUSの「PH-GTX1050TI-4G」のレビューです。

スポンサーリンク

ASUS PH GTX 1050Ti 4Gのレビュー

スペック

グラフィックスコア NVIDIA GeForce GTX 1050 TI
バスインターフェイス PCI Express(3.0) x 16
コアクロック 1,290MHz
コアクロック(GPU Boost時) 1,392MHz
CUDAコア数 768
OpenGL OpenGL 4.5
ビデオメモリ GDDR5 4,096MB
メモリスピード 7Gbps
メモリバス 128bit
映像出力 HDMI 2.0b x 1 /DisplayPort 1.4 x 1 /DVI x 1
※デジタル出力はHDCPに対応
解像度 デジタル出力 7,680 x 4,320
補助電源コネクタ なし
ボードサイズ W192mm x D111mm x H37mm
専有PCIスロット 取付には2スロット分のスペースが必要
推奨電源容量 300W以上

外観

ASUS NVIDIA GeForce GTX1050TIの外観

従来比2倍の長寿命を実現した「デュアルボールベアリングファン」が目立つグラフィックボードです。

ファンの奥には、シルバーのヒートシンクが見えます。

ASUS NVIDIA GeForce GTX1050TIの裏面

バックプレートは装着されていないのと、グラフィックボード自体の大きさもそれ程大きくないので重量(544g)は軽めです。

映像出力端子部分

ASUS NVIDIA GeForce GTX1050TIの映像出力端子

ディスプレイポートは、「DisplayPort 1.4」を1つ装備。

ちなみに、ディスプレイポートはその規格上、8K@60Hzや4K@120Hzの映像出力 HDRに対応し、最大解像度で7,680 × 4,320 @60Hzまで対応しています。

HDMIポートは、「HDMI2.0b」を1つ装備。

HDMI2.0bは、4K@60Hzの映像出力、HDRに対応し、横長の変則アスペクト比モニタに対応しており、最大解像度で3,840 × 2,160 @60Hzまで対応しています。

DVI端子を1つ装備。

古めのモニターに搭載されているDVI端子が搭載されているので、古いモニタにも変換器を使わずに映像出力が可能です。

PH-GTX1050TIに搭載されている3つの映像出力端子を全てを利用すると、最大3画面までのマルチモニター環境がこのビデオカード一つで構築出来ます。

静音性

PH-GTX1050TIは、セミファンレスではないので、低負荷時でもファンが遅く回転し続けています(大体1,200RPM程度)。

しかし、非常に静音性が高いファンになっているので、パソコンケースをデスク上に設定している状態でもファンの回転音が耳障りになる事が無いです。

どちらかと言えば、パソコンケースファンの音の方が煩く感じる場面があります。

PH-GTX1050TIのベンチマーク結果

PH-GTX1050TIの性能評価としてベンチマークソフトの結果を記載していきます。

ベンチマークを測定するPCの環境は下記の通りです。

CPU intel i5-7500@3.40GHz
マザーボード ASUS ROG STRIX B250I mini-ITX
メモリー 16GB(DDR4 2400 8GB x 2)
SSD Samsung SSD 250GB 960 EVO M.2 Type2280
OS Windows10 Home (バージョン Fall Creators Update)

ファイナルファンタジー15 Windows Editionのベンチマーク

2018年3月7日に販売される予定のファイナルファンタジー15 Windows Edition。

必要動作環境に記載されているグラフィックボードには、GTX-1050が記載されています。

PH-GTX1050TIは、GTX-1050の上位製品にあたるグラフィックボードですが、ファイナルファンタジー15 Windows Editionは必要スペックが高いPCゲームになるので、ギリギリ動作可能でしょう。

PH-GTX1050TI-4Gのファイナルファンタジー15Windows版のベンチマーク

フルHDで品質を標準品質にした場合のベンチマーク結果です。

スコアは、3920で評価は普通と表示されました。

PH-GTX1050TIのファイナルファンタジー15でのベンチマーク

今度は、フルHDで品質を高品質にした状態でのベンチマーク結果です。

スコアは、2687で評価はやや重いと表示されています。

確かに計測中、若干もたつく部分がありましたが、まったく遊べないような感じではありませんでした。

PH-GTX1050TIのファイナルファンタジー15でのベンチマーク

最後に、4Kで品質を軽量品質にした場合のベンチマーク結果です。

スコアは、1977で評価は動作困難と表示されました。

確かに、かなり映像にもたつきが見られたので、PH-GTX1050TIでファイナルファンタジー15 Windows Editonで遊ぶ場合には、フルHDまででしょう。

それでも、補助電源を必要としないので手軽にファイナルファンタジー15 Windows Editionを遊んでみたいなら、PH-GTX1050TIは十分選択肢に入るグラフィックボードです。

もちろん、ヌルヌルで4Kの綺麗な映像で遊びたいなら上位に位置するグラフィックボードを選択するしかないです。

PH-GTX1050TIでの使用率

ちなみに、ファイナルファンタジー15 Windows Editionのベンチマーク直後のタスクマネージャーのパフォーマンスを見た部分です。

GPUメモリも相当使用しており、GPUの使用率は100%に張り付いている状態です。

PH-GTX1050TIの温度などのモニター

GPU使用率が100%状態でのベンチマークで負荷が掛かった状態での温度上昇を見てみましたが、最高でも61℃でベンチマーク測定が終了すると即座に57℃に下がり、しばらくしたらGPUの温度が下がっていきました。

この状態でもファンの音が煩く感じなかったので、PH-GTX1050TIは相当静音性と冷却性が高いグラフィックボードと言えるでしょう。

まとめ

補助電源を必要とせず省電力設計でありながら、エントリークラスのグラフィックボードとしては性能も非常に良いPH-GTX1050TI。

ただし、最近では販売価格の上昇が激しいので、販売価格が15,000~18,000円代ならば非常にコストパフォーマンスに優れたグラフィックボードと言えます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする