株式やFXで投資をするための最適なパソコン環境や設定方法のまとめ!

株式投資やFXで資産運用をするために、「これからパソコンの環境を整えよう」もしくは「今しているけど、もっと快適な環境にしたい!」と考えている方も多いのでは。

実際に、自分も株式投資やFXを十数年前から、パソコンで投資をしています。また、自分の周りには投資家と呼ばれる人も多く、それらの方から「投資をするためにパソコン環境を少しでも良くしたい」と相談や実際に構築する機会も多々あります。

株式やFXで投資運用するためには、通常とは少し違ったパソコンの使い方をする必要があります。そこで、株式やFXで投資をするために最適なパソコン環境や設定方法を解説します。

スポンサーリンク

複数モニターでチャートや板(気配値)など色々な情報を同時に表示させる

複数モニターでチャートや板(気配値)など色々な情報を同時に表示させる

一般的にパソコンのモニターは、1つの場合が多いです。株式やFXで投資運用するさいには、テクニカルチャートや板(気配値)、注文画面、ニュース、SNSなど様々な情報を収集し、注文する判断を行います。

そのさいに、1つの画面だとそれらの情報が表示されている画面を切り替えながら運用しなければならなく、一々画面を切り替えるのが面倒で手間が掛かると感じてしまいます。

特にデイトレードなどタイミングが重要な投資スタイルなどの場合には、これらの手間で儲けそこなう事もあります。そこで、最低でもパソコンのモニターを2画面(デュアルディスプレイ)にすると、パソコン環境が劇的に変わります。

パソコンの画面を1つだけしか繋げないと思っている方はいませんか?一般的にパソコンを購入すると1対のディスプレイが付属してくるので、どうしても...

それなら、「大きい画面で複数の情報を表示させればいいのでは?」と考えてしまいますが、複数画面にするメリットは、1つの画面に情報ウィンドウを最大化して固定させる事が出来る事にあります。

自分が注視している銘柄だったり、それらの関連銘柄のチャートだったりと、それらの情報だけでも結構な量になるので、それらの情報は1つの画面にまとめて表示し、注文画面を別画面に固定表示しておくと、突然の値動きに対しても慌てる事も無く対処できるようになります。

もちろん、2画面だけでは無く倍の4画面以上にする事も可能ですが、そのさいにはグラフィックボードが必要になってきます。

Windowsパソコンを複数の画面につないで出力する事をマルチモニターといいますが、モニターを2つつないでデュアルディスプレイ出力でも十分で...

グラフィックボードを使用して複数画面を構築する場合は、デスクトップパソコンで構築する必要になってきます。特に4画面になると、様々な投資情報を同時表示させたままに出来るので、投資判断をするには非常に有効になってきます。

Windows10で時間表示を秒単位にする

Windows10で時間表示を秒単位にする

例えばFX取引で9:00~16:00が東京時間、16:00~24:00がロンドン時間、21:00~5:00がニューヨーク時間など、秒単位で相場は変わってきます。そこで、秒単位で時間が表示されるといいのですが、Windows10の場合通常の設定方法では秒単位の時間表示が出来ません。

しかし、下記の設定方法をする事で、タスクバーに表示されている時間表示を秒単位の表示にする事が出来ます。

Windows10のタスクバーの通知領域に表示されている時計。通常なら時間と分の情報だけで問題無いケースが多いので、あまり気にしない方も多い...

予備のマウスなどの周辺機器を用意しておくといい

最低限の話になりますが、USB接続マウスの予備は一つ用意しておくといいです。キーボードがおかしい場合には、ソフトキーボードで対処する事が出来ますが、マウスがおかしい場合には即時の動きに対処するのは大変です。

まとめ

株式投資やFXで資産運用をするために、「これからパソコンの環境を整えよう」もしくは「今しているけど、もっと快適な環境にしたい!」と考えている方も多いと思うので、今回、株式やFXで投資をするために最適なパソコン環境や設定方法を解説しました。

特に複数画面にすると、劇的にパソコン操作や情報表示が快適になり、投資スタイルにも大きな影響を与えるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする