Windows10のタスクバー上の時計を秒まで表示させる方法!

Windows10のタスクバーの通知領域に表示されている時計。通常なら時間と分の情報だけで問題無いケースが多いので、あまり気にしない方も多いと思いますが、秒単位で作業をしたりしている場合には表示されていると非常ありがたい事もあります。

例えば、株や為替トレーダーの方の場合は、この秒単位での取引が大きな差を生む事もあるので、出来るだけ正確な時計表示が必要な事もあります。

ただし、Windows10の場合だとタスクバー上の通知領域に表示されている時計の表示は、時分だけで表示形式を変更しても秒まで表示させる事は通常だと不可能です。そこで、Windows10のタスクバー上の時計を秒まで表示させる方法を解説します。

レジストリを編集する設定方法なので、編集作業を行うさいには細心の注意を払って下さい。

スポンサーリンク

通常の場合、Windows10の時計は秒まで表示されない

通常の場合、Windows10の時計は秒まで表示されない

通常、Windows10の場合は、タスクバー上の時計は時分までしか表示されないです。

通常の場合、Windows10の時計は秒まで表示されない

カレンダーを表示させると、時計部分には秒まで表示されていますが、他のアプリウィンドウをクリックすると、また隠れてしまうので一々表示させるのが面倒です。

また、別途時計アプリをインストールする事で、時計アプリで秒単位まで表示させる事が出来るようになりますが、わざわざ時計アプリをインストールしたく無い、何とかWindows10のデフォルトの部分に表示させたい場合に非常に有効です。

説明は、Windows10 October 2018 Update(1809)64ビット版ですが、以前のバージョンでも問題無く設定出来ます。

Windows10で時計を秒単位まで表示させる設定方法

レジストリエディターを起動させる

まずは、Windows10のレジストリエディターを起動させます。また、万一に備えてレジストリエディターでレジストリのエクスポートを行っておくといいです。

もし、レジストリエディターの起動方法が分からないという方は、下記記事を参考にして下さい。

Windowsでは、レジストリを編集するとコントロールパネルなどでは設定変更できない項目などをカスタマイズしたり、不具合がある部分を...
レジストリの編集をするさいには、細心の注意を払って下さい。もし、間違った値や間違った箇所を変更してしまうと、最悪の場合OSが起動しなくなる事もあります。

秒表示用のレジストリの値を新規で作成

レジストリの値を新規で作成

時計の秒を表示させるために、レジストリ値を新規で作成します。

レジストリエディターを開いたら、下記階層までたどっていきます。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\Advanced
レジストリの編集をするさいには、細心の注意を払って下さい。もし、間違った値や間違った箇所を変更してしまうと、最悪の場合OSが起動しなくなる事もあります。

「Advanced」フォルダ上で、右クリックをして「新規」-「DWORD(32ビット)値」をクリックします。

レジストリの名前を「ShowSecondsInSystemClock」にする

レジストリの名前を「ShowSecondsInSystemClock」にする

「新しい値#1」と表示される部分の名前を、下記のように変更します。

ShowSecondsInSystemClock
このレジストリの名前は、絶対に間違わないようにして下さい。英字の大小も同様です。

レジストリの名前を「ShowSecondsInSystemClock」にする

作成した「ShowSecondsInSystemClock」の値を変更

レジストリの名前を「ShowSecondsInSystemClock」にする

作成した「ShowSecondsInSystemClock」のデフォルトの値のデータを「0」から「1」に変更します。値の編集をしたい場合は、「ShowSecondsInSystemClock」上でダブルクリックすると値の編集画面が表示されます。

作成した「ShowSecondsInSystemClock」の値を変更

表記の部分に16進数と10進数の選択が出来ますが、値が0か1なのでどちらを選択しても問題はありません

値の意味を説明すると、0の場合が無効(Disabled)、1の場合が有効(Enabled)と言う意味になります。

レジストリエディターを終了させる

レジストリエディターを終了させる

値の編集が間違いなく出来たら、レジストリエディターを終了させます。ファイルから「レジストリエディターの終了」をクリックしたらいいです。

レジストリウィンドウ上の「×」をクリックして、終了させても問題はありません。

Windows10を再起動させて秒まで表示されているか確認

後は、Windows10を再起動させて、タスクバー上の通知領域に表示されている時計が秒まで表示されているか確認したらいいです。

再起動が面倒な場合は、タスクマネージャーでエクスプローラーを再開させる事でも、即座に確認する事は出来ます。

タスクマネージャーでエクスプローラーを再開させる

Windows10でタスクマネージャーの起動方法が分からない場合には、下記記事を参考にして下さい。

タスクマネージャーは、今、Windows10上で起動しているアプリを確認出来たり、動作しているプロセスを確認、タスクの終了を出来るW...

Windows10で時計部分に秒まで表示

上記画像のように、タスクマネージャーの通知領域に表示されている時計部分が、秒まで表示されていたら問題はありません。

まとめ

Windows10のタスクバー上の通知領域に表示されている時計は、通常だと時分までしか表示させる事が出来ません。そこで、今回紹介したレジストリを編集する事で、時計部分を時分秒まで表示させる事が出来ます。

レジストリ編集を行うので、編集作業を行うさいには最新の注意を払って下さい。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする