パソコンを使わずHDDやSSDを丸ごと高速コピー!ロジテック「LHR-2BDPU3ES」のレビュー

パソコンのHDDやSSDの容量が少なくなってきたり、調子が悪くなってきたらHDDやSSDの交換作業を行う必要が出てきます。そのさいにOSなどのシステムデータなどをクローンして、別のHDDやSSDにデータ移行する作業が必要になってきます。

HDDやSSDに保存されているデータなどをそのまま、別のHDDやSSDに移行する事をクローンと言いますが、このクローン作業を行うにはパソコンを使用したソフトウェアによるクローンと、パソコンを使用せずハードウェアによるクローンがあります。

ハードウェアによるクローン作業が出来るのが「デュプリケーター」ですが、コピー元にセクターエラーなどがあると、クローン作業に失敗してしまう事も多いです。

そのセクターエラーがあっても、エラースキップしてクローンを出来るのが、ロジテックのエラースキップ機能SATAIII対応の2BAYスタンド型デュプリケーター「LHR-2BDPU3ES」です。

今回、パソコンを使わずHDDやSSDの中身を丸ごと高速コピーしてくれる、ロジテック「LHR-2BDPU3ES」のレビューをします。

スポンサーリンク

ロジテックの2BAYスタンド型デュプリケーター「LHR-2BDPU3ES」のレビュー

製品仕様

製品型番 LHR-2BDPU3ES
インターフェース USB3.1 Gen1(USB3.0)/USB2.0
動作時環境条件 温度 5℃~35℃
相対湿度 20%~80%(ただし、結露無きこと)
保管時環境条件 温度 -20℃~50℃
相対湿度 20%~80%
入力電圧 DC+12V
外形寸法(幅×奥行き×高さ) 146×114×60mm (突起部を除く)
本体質量 243g
設置方向 水平
コネクタ形状 USB Type B×1
保証期間 1年間
RoHS指令 準拠
ACアダプタ PSE取得 36Wタイプ
付属品 製品本体×1台
ACアダプタ×1個
USB3.0ケーブル(1.1m)×1本
セットアップガイド×1部
保証書(セットアップガイドに記載)

接続可能なパソコン

USB3.1 Gen1(USB3.0)/2.0のTypeAポートを搭載しているDOS/Vパソコン及びIntel Macシリーズ

対応OS

Windows10/8.1/7
Mac OS Sierra(10.12) / Mac OS X 10.11,10.10,10.9
※対応OSは、いずれも日本語OSに限ります。また、パソコン本体が対応していないOSでは使用できません。

大容量のHDDやSSDに対応

最大10TBの3.5インチSATAのHDDに対応しています。

注意点として、2.5インチSATA HDDの場合は最大5TB、SSDの場合は最大2TBに対応しています。特に、SSDで4TBの容量の物などは対応していない事になります。

また、クローンを行う場合にはコピー元よりも、コピー先のHDDやSSDの容量が大きい事が必須です。

パッケージ

LHR-2BDPU3ESのパッケージ

ロジテック「LHR-2BDPU3ES」のパッケージです。もっとパソコン周辺機器っぽいパッケージかと思っていましたが、パッと見はパソコン周辺機器のようには見えませんね。

デュプリケーター「LHR-2BDPU3ES」本体と付属品

デュプリケーター「LHR-2BDPU3ES」本体と付属品

パッケージ内に納められていたのは、「LHR-2BDPU3ES」本体とACアダプタ、USB3.0ケーブル(1.1m)1本、セットアップガイドになります。

「LHR-2BDPU3ES」本体のアップ

「LHR-2BDPU3ES」本体のアップ

「LHR-2BDPU3ES」本体には、3.5インチのHDD/SSD、2.5インチのHDD/SSDが挿せる仕組みになっています。デュプリケーターとしてクローンをする場合には、コピー元のHDDやSSDをA側に、コピー先として使用するHDD/SSDはB側のスロットに挿す必要があります。

コピー元とコピー先のスロットに間違えて挿して、クローン作業を行うと大事なコピー元のデータが消去されてしまうので、絶対に間違わないように。

「LHR-2BDPU3ES」の本体背面

「LHR-2BDPU3ES」の背面

「LHR-2BDPU3ES」の本体背面には、USB3.1 Gen1のポート、ACアダプタの接続口、本体電源スイッチがあります。

「LHR-2BDPU3ES」でHDDからSSDへクローン作業

HDDやSSDへのクローン作業は、デュプリケーター「LHR-2BDPU3ES」本体のみで行う事が出来ます。

Aスロットへコピー元のHDDやSSDを挿し、Bスロットへコピー先のHDDやSSDを挿して、本体電源を入れます。

クローン開始方法

「LHR-2BDPU3ES」でHDDからSSDへクローン

本体のクローンボタンを長押しすると、100%のステータスランプが点灯します。点灯したら、すぐにクローンボタンを押すとクローン作業が開始されます。

このクローンボタンを長押ししてから点灯する100%のステータスランプは、すぐに消灯してしまうので、点灯したら直ぐにクローンボタンを押す必要があります。

クローン作業中の状態

クローン作業中の状態

クローン作業中は、作業進行状態を示すステータスランプ(25%/50%/75%/100%)が点滅していきます。このステータスランプが点灯している事で、クローン作業の進行状態が把握しやすいです。

また、コピー元のHDDなどにセクターエラーがある場合は、このステータスランプの点滅スピードが高速に点滅します。セクターエラーがどれ位あるかによって、クローン作業に掛かる時間は大きく変わります。

クローン作業完了の状態

クローン作業完了の状態

「LHR-2BDPU3ES」でクローン作業が完了すると、作業進行を示すステータスランプが全て点灯状態になります。後は、A/Bスロットのステータスランプが点滅していない(アクセスしていない)事を確認して、Bスロットに挿してあるHDD/SSDを抜いたらいいです。

ホットスワップに対応しているので、一応本体の電源が入っている状態で抜き差し出来ますが、念のために本体の電源を切ってから抜いた方がトラブルは発生しにくいです。

クローンに掛かった時間

あくまで参考程度ですが、2.5インチHDDからSSDにクローン作業で掛かった時間は、1時間ちょっとでした。コピー元2.5HDD500GBで実際の使用容量は250GB程度、コピー先は1TBのSSDでした。

実際に使用している容量によってクローン作業に掛かる時間は変わってきますので、あくまでも参考程度にして下さい。

まとめ

ハードウェア本体のみでクローン作業が出来るのがデュプリケーターで、その中でもコピー元にセクターエラーがあってもスキップしてクローン作業をしてくれるのが、ロジテック「LHR-2BDPU3ES」です。

クローン作業以外にも、そと付けHDDやSSD代わりにも使えるので、1台あるとHDDやSSDのバックアップなど色々な作業を便利に行えるようになるので、持っておいて損の無いデュプリケーターです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする