最近よく目にするモダンPCって何?ノートパソコンと何が違うのか?

最近よく目にするモダンPCって何?ノートパソコンと何が違うのか? パソコン情報
スポンサーリンク

最近よく「モダンPC」という言葉を、見たり聞いたりする機会が増えました。パソコンの種類で言えば、「デスクトップPC」や「ノートPC」については分かるのですが、「モダンPC」って新しいパソコンの形態が増えたのか?と思いました。

いったいどんなパソコンが「モダンPC」と言うのか、簡単に調べてみました。

スポンサーリンク

モダンPCはマイクロソフトが提唱しているパソコンのこと

モダンPCはマイクロソフトが提唱しているパソコンのこと

モダンPCは、2018年からマイクロソフトが唱えている新しいパソコンのスタイルで、簡単に言うと「起動速度や処理速度に優れ、デザイン性や操作性にも優れた薄型軽量のノートパソコン」です。

デザイン パフォーマンス 体験
必須条件 2-in-1 コンバーチブル
2-in-1 デタッチャブル
ウルトラスリム(18ミリ以下)
オールインワン
SSD
SSD + HDD
eMMC
Intel Optana + HDD
下記の内、2つ以上対応
コルタナ
Windows Hello
Windows Ink
S モード
推奨 極薄ベゼル
メタリックデザイン
IPS スクリーン
バックチルト・キーボード
プリシジョンタッチパッド(PTP)
802.11ac 2×2、BT 4.0+
8時間以上のバッテリー駆動時間
モバイルブロードバンド接続

上記内容が、マイクロソフトが定義している「モダンPC」の概要になります。

必須条件の体験部分を見ると、Windows10に関する物になるので、結局のところ「モダンPC」は最低限「Windows10」を搭載したノートパソコンという事ですね。

マイクロソフト社の調査によると、モダンPCを購入した人の94%が「以前より速くなった」と回答し、その多くが起動時間にそれを感じているという。もちろん、アプリケーションの操作性や反応にも速さを感じる人も多いという。

引用:ITmedia PC USER

これに関しては、内蔵ストレージがSSDなどの高速ストレージになっているので、体感としてのパフォーマンスが上がるので当然だと思います。

今でもHDDを搭載したノートパソコンからSSDに換装すると、一気にレスポンスが上がりますよね。また、HDDと比べてSSDは消費電力も小さくなるので、バッテリー駆動時間に関しても持ちが良くなります。

ちなみに、「モダンPC」のモダンとは「現代的」という意味です。

まとめ

「モダンPC」とは、マイクロソフト社のWindows製品を搭載している、SSD等の高速ストレージを内蔵しているノートパソコンの一つという事みたいです。現代的パソコンという事で、結局のところ最新機能を搭載したWindows10ノートパソコンというだけですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました